ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.10.28 20:46配信動画

東海ライブビューイング・同時多発感想戦配信中!

10月20日、東海「同時多発」ライブビューイング
会場での感想戦動画が公開されてます!

 


 

ライブビューイングin静岡 感想戦 R1 10 20

令和元年10月20日に行われたゴー宣道場。
その静岡ライブビューイングに集まった
東海設営隊のたけちゃん、L.Kに、一般から参加されたやっさん、ちゃんこさんを交え、道場直後に感想戦を行いました。

宗教とは何か、伝統とは何かといった問いかけに対し、日々の生活と絡めながら考えたことを話し合っています。
さらに、「伝統の魔術性」から、「伝統」を隠れ蓑にした思考停止の弊害へと議論が及びます。
終盤は、改憲に向けて、どのように行動していくべきかについて話しています。
動画編集san-jin
文L.K

 

ライブビューイングin名古屋 感想戦 R1 10 20
https://www.youtube.com/watch?v=bUAs57JeRXw&t=52s
10月20日東京で第84回ゴー宣道場が開催され、名古屋では8月に続き2回目のライブビューイングをおこないました。
参加者は11名。お菓子も用意した会場ではリラックスしながらも真剣に道場中継を楽しみました。中継終了後は参加者皆で道場の感想を発表。その模様を公開いたします。

感想戦は途中私用のため帰られた方1名を除いた設営隊3名、一般参加者7名の計10名でおこなっています。
前半では道場の感想、後半では立憲的改憲を広めるために何ができるのかについて話し合いました。
伝統とは何か?について学んだという感想から始まり、その後は女系天皇・憲法改正の実現に向けてどうすべきかについて議論が発展していきます。
動画の醍醐味はニヒリズムに陥らず真摯にこの問題に向き合うゴー宣読者10名の静かなる熱意!!是非聞きながら感じ取ってください!!

そして、名古屋ライブビューイングはまだ2回目で設営隊もまだ手探り、初参加者も多く初めて顔を合わせたにも関わらず率直な意見・素朴な疑問を言い合える議論となりました。愛知県のゴー宣読者がわずかでも繋がることができ、少しずつ「戦うゴー宣道場」が実践されていっていることに設営隊一同大変勇気づけられました。
当日ご参加いただいた皆様、ご協力誠にありがとうございました。

動画編集san-jin
文マメ菓子

 

ライブビューイングin豊橋 感想戦 R1 10 20

令和元年10月20日(日)。東海地方4か所で開催された‘’同時多発”ライブビューイング。豊橋会場には、設営隊3名、一般参加者2名が集い、飲食しながらの和やかな雰囲気の中、道場中継を楽しみました。
ドキドキしながら(笑)の自己紹介から始まった感想戦…各々が感想を述べ合う中で、緊張も解れ、次第に議論もヒートアップ!!《伝統》というキーワードから共同体、移民問題へと話が膨らんでいきます。

動画編集・文 HOLY-SAN

 

ライブビューイングin豊橋 憲法① R1 10 20

令和元年10月20日(日)。東海地方4ヶ所で開催された“同時多発”ライブビューイングの豊橋会場にて。

道場の感想戦後、全国推進隊長ちぇぶさんの呼び掛けに応じ、参加者5名で憲法問題について語り合いました。

東海設営隊長san-jinさんからの3つの設問↓

① 憲法改正は何故必要か?現行憲法は何故ダメなのか?

② 憲法改正すると日本の将来はどう変わるのか?現代日本の没落と現行憲法の間にはどのような関係があるのか?

③ ①②の問い(答えではなく)を広めるためには、どうすれば良いか?

…を基に、議論が展開されます。

憲法談義①では、設問①②についての議論から、憲法議論が広まらないのは何故なのか…という方向に話が進んでいきます。
動画編集・文 HOLY-SAN

 

ライブビューイングin豊橋 憲法②R1 10 20

憲法談義②では、①からの続きで憲法議論が広まらない理由についての考察から、設問③に話を繋げていきます。参加者各々が提案する色々なアイデアを基に、楽しく笑いながら、憲法議論を盛り上げる方法を探っていきます。

 


 

各会場ライブビューイングで初めて参加した方がいて、積極的に発言されており、それだけでもこの試み、やってよかったと思います。
「天皇って必要なの?」「改憲って必要なの?」という疑問にどう答えるかに頭を悩ます静岡、日本人の宗教観について突っ込んで考えていく名古屋、改憲論議を広める具体的方法について考える豊橋、それぞれに論点が異なっているところも面白い!
聞き応えあり! ぜひご覧ください!

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ