ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.11.6 07:02日々の出来事

「泥にまみれて」を読んだが・・

昨日「泥にまみれて」を読んだが、わしが高校生の頃、
読んだ印象とは全然違っていた。
良人はDVしてた印象を持ってたが、そんなシーンは
ないし、セックスシーンが度々出てた気がしてたが、
度々ではないし、どうやらわしの父親の嫌な思い出や、
その後のわしの人生で、男の嫌いな部分をすべてこの
小説の中に書いてあったものと記憶が修正されていた
ようだ。
若い頃読んだ小説は年とってもう一度読んだ方がいい
かもしれない。
なぜあのとき嫌いだったのか?なぜあのとき好きだった
のか?
若い頃の自分と今の自分を比較できる。
今読むと、あの良人はわしにそっくりだ。
よそに子供を作ってないわしの方が良心的かもしれ
ないが、作っておけばよかったと思った。
そもそも「男に尽くす」という女が今では否定されて
しまうだろうが、わしは今でも「芸のためなら女房も
泣かす」という歌が好きだし、テレサ・テンの愛人ソング
が大好きだし、理屈でどうこうなる問題ではない。
わしの多情が男尊女卑というのは違うと思っていて、
それは決して女を卑しいと思ってないからで、女は神
と思って崇拝している。
わしの周囲の女は全てわしを支える女神ばかりであり、
その女神の「多様性」を認めるわしはリベラルである。
感謝しかない。まったく感謝しかない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第86回

第86回 令和1年 12/8 SUN
14:00

テーマ: 「正念場を迎える皇位の安定継承」

INFORMATIONお知らせ