ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.11.14 07:31日々の出来事

年内スケジュールの見直し

年内のスケジュールを甘く見てたら、編集者からの修正
の要求があり、わしのコンテの締め切りが随分早まって、
わし個人のスケジュールがかなりヤバいことが分かった。
わしの予定も含めて、スタッフにもう一度、スケジュール
を伝えておく。

スタッフは幻冬舎のSpecial本の描き下ろしペン入れを
やっているはず。

わしは『ゴー宣』第67章のコンテを今日完成させて、
仕事場に送る。

今日の夕方から『よしりん辻説法』のシナリオ・コンテ
を開始したい。

18日(月曜)から『ゴー宣』第68章のシナリオ・コンテ。

20日(水曜)21時から泉美木蘭さんとの生放送「おどれら
正気か?」

21日(木曜)から『おぼっちゃまくん』のコンテ開始で、
コンテの締め切りが25日。この締め切りが早い。
25日は「闘論席」の締め切りでもある。

27日(水曜)は「愛知ゴー宣道場」応募締め切り。

28日(木曜)は『ゴー宣』第67章の画稿締め切り。

12月1日(日曜)「ゴー宣道場」打ち合わせ。

4日(水曜)は『ゴー宣』第68章の画稿締め切り。

8日(日曜)「愛知ゴー宣道場」開催!

9日(月曜)『ゴー宣』第69章、画稿締め切り。

11日(水曜)『よしりん辻説法』画稿締め切り。
同日、『おぼっちゃまくん』画稿締め切り。

15日(日曜)「関東ゴー宣道場」忘年会。

16日(月曜)、『ゴー宣』第70章、画稿締め切り。
同日、『おぼっちゃまくん』コンテ締め切り。
ペン入れが始まって2pづつコンテを描いてスタッフに
送る方法が使えなくなった。

23日(月曜)、「闘論席」締め切り。

24日(火曜)クリスマスイブに、『よしりん辻説法』
画稿締め切り。

12月は『よしりん辻説法』の画稿締め切りが、11日と
24日の2回ある。
年内に『おぼっちゃまくん』の画稿を上げておかねば
ならない。

来年は1月8日(水曜)の『ゴー宣』第71章と、
『おぼっちゃまくん』が、ダブルで最初の画稿締め切り
である。

まだ、山尾志桜里氏との生放送と、倉持氏の生放送が
入っていない。連絡とらねば。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ