ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.11.17 13:05日々の出来事

「桜を見る会」はちっぽけな問題

「桜を見る会」は税金の無駄遣いだからやめた方がいいと
思う。
けれど「桜を見る会」を野党が全力を挙げて追及している
様子が馬鹿馬鹿しい。
森友・加計学園では公文書改ざんで官僚が自殺している。
それでも倒れなかった政権が「桜を見る会」で倒れます
かね?
いや、税金の無駄遣いは追及しなければならないことは
分かる。
しかし野党が全力で国会の時間を使うほどの問題ですか?

こんなことで政権が倒れたら国際的に見たらヤバすぎる。
アメリカも中国もロシアも権力者はもっと巨悪をやら
かしても居直ってるのに、日本は「桜を見る会」
権力が倒れるほどのちっぽけな国かい?
情けなさ過ぎるだろ?

それより来年にはアラビア半島南部のオマーンや
イエメン沖に海上自衛隊の艦船や哨戒機を派遣するんだろ?
ホルムズ海峡を避けて、有志連合には参加しないというが、
日本の船舶を守るためでもなく、「調査・研究」の名目での
派遣っていったい何の意味があるのか?

野党はあれだけ力いっぱい安保法制に反対しといて、
この件について何で国会で追及しないのか?
山尾志桜里ならこの件について、安保法制の矛盾を突いて、
かなり厳しく追及できるはずじゃないか。
なのになぜそれをやらせない?

来年、自衛隊が襲撃されたり、アメリカVSイランの紛争
に巻き込まれたりしたら、そのときになって野党が追及
し始めても、もう遅いぞ。
わしは「野党は「桜を見る会」に夢中だったくせに、
今頃言う資格はない」と徹底的に野党を批判するからな。
立憲主義を無視した野党にはもう与党の権力の暴走を
諫める資格はない。

大衆受けするからと「桜を見る会」にばかり夢中だが、
近視眼的でちっぽけ過ぎる。
国際的に見れば、日本国の危機はもっと深刻なものが、
四方八方から押し寄せている。
それに気づかない野党に、政権を任せられるか!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ