ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.11.25 06:00皇統問題

自民党幹部が「女系天皇」容認論

11月24日のフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」。
番組の中で、安倍首相に極めて近い甘利明自民党税調会長が
「女系天皇」容認論を唱えた。

ニュースにも取り上げられたので、ご存じの人も少なくないだろう。
この日は週替わりのキャスターとしてジャーナリストの櫻井よしこ氏が
出演していた。
番組冒頭に天皇陛下の伊勢の神宮への「親謁の儀」を取り上げた。
平成の前例と違うのは、お供の皇族がゼロだったこと。
その事実に触れた上で、私のコメント映像が流れた。

「今回のお代替わりの儀式の中でも、皇族の減少というものが
目に見える形で現れましたので、これを放置してはならない。
速やかに議論が始まると思います」と。
ここまでは前日の夜、私に取材した内容に基づく。
それを受ける形で、元大阪市長の橋下徹氏が「敬慕の念」という視点から
旧宮家論の限界を指摘し、順位論として女性天皇の容認を打ち出した。
これに櫻井氏が反論し、橋本氏と少しやり取り。
それらを受けて、甘利氏が次のように述べた。

「男系を中心に(皇位継承の)順位を付けておく。
私は最終的選択肢としては女系も容認すべきだと思いますけどね。
順位を付けてきちんと対処できるようにしておくということは
良いことだと思います」と。

自民党の幹部がここまで明確に「女系」容認論を述べたのは珍しい。
以前、二階俊博幹事長が女性天皇容認論は述べていたが。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ