ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.11.26 10:19日々の出来事

ボーカル・マジョリティー=「戦うゴー宣道場」

昨日は『おぼっちゃまくん』のコンテを上げて、さらに
『よしりん辻説法』のわしのペン入れも終わらせた。
大変、生産性の高い一日だった。
『おぼっちゃまくん』には関西の読者が考えてくれた
茶魔語も出すことができた。

今日は『ゴー宣』第69章のシナリオをやる。
今年の総括みたいなものを描いてみる。

高森氏が「戦うゴー宣道場」の理念を知的な言葉で
解釈してくれている。
「圧倒的多数の国民が“沈黙”を続けるから、少数派
の“声”だけが拡大的に喧伝される結果になる」
「サイレント・マジョリティーは自覚的・積極的に声を
挙げるボーカル・マジョリティーに変身しなければなら
ない」
「「ゴー宣道場」がその触媒であるべきだろう」
まさにこれである!

圧倒的多数が沈黙するからニヒリズムを超えられない
のである。
香港の民主化運動の結果、今回の区議選では圧倒的に
民主派議員が勝利して、それまで親中派議員が多かった
議席を逆転させてしまった。
香港市民に学ぶことは多い。

「ゴー宣道場」も変わらなければならない。
ボーカル・マジョリティーは恐いからイヤだと言う者は、
「お楽しみ派」として今まで通り「良き観客」に徹して
いればいい。

だが、全国推進隊長や彼女を支える門下生たちはもう
質が変わった。
「良き観客」が必ずしも「沈黙する観客」ではないと
思ったから、門下生の中に「主体性」を育てようと
している。

今週末、新しい関東設営隊長に会うことになっている。
もう門弟という言葉は消えた。古参も新参もない。
主体性の強い者が先頭を走ればいい。遠慮はいらない。
関東設営隊長と「関東ゴー宣道場」を「ボーカル・
マジョリティー」に変身させる方法論について、
話しあってみよう。

そして来年1月に「全国設営隊長、決起集会」をやる。
皇統も憲法も行き詰まっていて、日本の未来にとって
最悪の結果になるかもしれない。
「ゴー宣道場」に何ができるかを話しあおう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ