ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.11.29 08:00日々の出来事

インフルエンザを予防しなさい

わしはインフルエンザの人には会わない。
妻はインフルエンザにかかったらホテルでカンヅメ
してくれとわしを追い出す。
わしが病気になると連載が次々に落ちて行って多大な
迷惑をかけることになる。

もともと喘息の気があるから、風邪をひいたら必ず
喘息を併発して、激しく咳込むし、息ができないし、
熱は40度まで上がる。
今のように連載を抱えていたら、病気になんかなる
わけにはいかないのだ。

スタッフもインフルエンザ予防のために予防注射を
しておくとか細心の注意をしている。

わしは外出したら、インフルエンザの奴がいないか
警戒心をあらわにしている。
帰宅したら手を石鹸で洗い、うがいをして、顔を洗い、
鼻の穴まで洗っている。

インフルエンザは口内ケアをしていない人がうつり
やすいらしい。
わしは電動歯ブラシで磨いている。
2〜3か月に一度は、クリニックに行って、ケアを
してもらい、歯磨きの注意を受ける。
ちゃんと歯磨きしていても、歯石はたまるようなので、
除去してもらってピカピカの歯になっている。
わしほど口内がきれいな人間はなかなかいないだろう。
歯はもともと丈夫で、深くまで根を張っているから、
一生自分の歯で食っていける。

わしはできれば外出したくない。
病原菌を持つ人間がそこら中にいそうで怖い。
しかし人々はそうもいかないのだろう。
電車に乗ってる人なんかインフルエンザの監獄に
閉じ込められているようなものだ。
吊り輪を持たなきゃ立っていられないだろうし、
本当に気の毒に思う。

とにかくわしのマネをして、石鹸での手洗い、うがい、
洗顔は鼻の穴まで、口内は清潔にを守ってほしい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第86回

第86回 令和1年 12/8 SUN
14:00

テーマ: 「正念場を迎える皇位の安定継承」

INFORMATIONお知らせ