ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.12.4 08:14日々の出来事

即自存在と化したアンチ

アンチって面白い。
「小林よしのりは、以前はAと言っていたが、今はBと
言っている。矛盾しているぞ。こんな人を門下生は信じて
いるのか?止めろ!信者を止めてしまえ!」と必死で言っ
てくる。

よく覚えてるなあと思う。
わしも門下生も忘れていることをしっかり覚えている。
単行本を再読して探したのだろう。
どこに何を書いてたかは、トッキーが抜群の記憶力だが、
データ係としてはアンチの方が凄いかもしれない。

だが無意味だ。果てしなく無意味なことをやっている。
わしの読者はわしに対して「教義」を求めていない。
自分の頭で考えたい、思想したいと思っている人たちだ
から、わしが以前と違うことを言ったら、「AとB、
どっちが正しいのだろう?」と自分の頭で思想を始める。

「差別論」を描いたときも、「脱正義論」を描いたときも、
「慰安婦問題」を描いたときも、皇統の「女系公認」を
描いたときも、ハレーションを起こして、どんどん離れた
人もいるが、残った人もいる。その差は何か?

離れた人はわしに「教義」を求めていたのであり、残った
人は「思想する刺激」を求めていたのである。

つまりアンチは、わしが神でなかったことに怒りを表明
している。
申し訳ないがわしは神にはなれない。勘弁してほしい。
わしは思想し続ける人である。
いつまでたってもわしの読者でい続ける人は、わしと
一緒に成長し続ける楽しみを味わう人たちである。

人間は「即自存在」ではなく、「対自存在」である。
モノや動物は完成して変わらない「即自存在」だが、
人間は一生を終えるまで変わり続けることができる
「対自存在」である。
そういう意味では神もまた「即自存在」と言える。

アンチは「即自存在」になりたいのだ。
わしは「対自存在」だから変化し続ける。
人間は生活に疲れて、食って出して寝るだけの動物の
ような「即自存在」になってしまう恐れがある。
いや、ほとんどの人がそうである。
わしの読者であり続ける人は、「即自存在」に頽落
することが怖くて、人間であろうとし続ける人たち
なのだろう。

自分の頭で考えて、どうしても分からなければ、
ライジングのQ&Aで質問すればよい。
ただしなるべく短い文章で。何かを主張したいだけの
長文は削除する。

脳が老化すれば「教義」しか求めない。
思想し続けることが苦痛になる。
わしは66歳になってもまだ思想し続けることが
楽しくて仕方がない。
恐ろしく脳が若いのは間違いない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ