ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.12.16 14:10小林よしのりライジング

令和元年度 ライジング版今年の出来事 トップ3の発表!

続いてはライジング版今年の出来事の発表!

【令和元年度 ライジング版今年の出来事 トップ3の発表】

今年の小林よしのりライジング及びゴー宣道場ブログの中で、
読者のみなさんが、最も印象に残った出来事を、
「ライジング版 今年の出来事」として発表いたします。
有効投票数 504票でした。

それでは発表します!!

☆ 第1位 【12月8日:第1回東海ゴー宣道場【正念場を迎える皇位の安定継承】ゲストに山尾志桜里議員。初の東海地方開催となる。】 31票

《選考者のコメント》
●大大大成功でした。歴史的な時間に立ち会えて幸せでした。
●初の東海地方開催と加えて、皇位の安定継承を進める上で重要な回だったと思います。
●初開催、テーマ、ゲスト、初参加者4割越え、全て良かった回です!
●関西・九州に次ぐ、地方ゴー宣道場開催の快挙を祝して、あげさせていただきます。
●私も参加しましたが、いやぁ、凄かった。今年最後の道場が大成功だったことに、同じ地方門下生として刺激を受けました。東海設営隊の皆さま、お疲れさまでした☆彡
●インパクトも強く、大盛り上がりの大成功で、今年の締めとして文句なしの出来事だったと思います。
●この日に向けて東海設営隊の方々の丁寧な計画と実行、生き生きした表情が印象的でした。次々いらっしゃる参加者の方々の期待に満ちたお顔も。
●ものすごい熱量が伝わってきます。動画視聴になりますが、楽しみです。
●山尾さんがスーパーポジティブ!来年を希望をもって迎えられます。
●山尾志桜里氏みたいな政治家とタイマンでニコ生を定期的にやるなんて単純にすごいと思います。山尾氏の語り口調はニヒリズムの欠片もないので、とても前向きな気分にさせてくれますね。
●貴重な政治家です。
●新規募集44%!!この勢いをかって来年の皇室典範改正に繋げたいです。
●私の遠出はすべてゴー宣道場絡みですけど、充実してました。
●冬なのに熱かった!!地方開催の場合、各々の地方ならではの特徴が出ると思います。質実剛健な所が東海地方の特徴なのだと思います。
●設営隊として参加しましたが、東海の方々の熱意とエネルギーがすごかった!
●東海設営隊員としては、ヤッパリこれしかありません。
●参加されたみなさま、本当にありがとうございました‼

☆ 第2位 【9月26日:月刊WiLL11月号にて、SPA!で不掲載になったゴーマニズム宣言「「少女像は神聖不可侵じゃない」が掲載される。】 30票

《選考者のコメント》
●風刺の王道!そして笑った!
●すげー笑えました。チョモランマが1番!笑えるだけでなく、本質を突いてる神回です。
●すっっっごく面白くて、かつ内容も深くて、大傑作だと思います!!
●わかりやすくて、なおかつ笑ってしまいました。
●普段、購入しないWiLLを購入しました。
●なんでこれが不掲載なのか、説明されても理解できませんでした。
●不掲載自体は腹立たしいことですが、却ってよしりん少女像に箔がついたようにも思えます。
●「ゴー宣」の柔軟さがよく現れている出来事ではないのでしょうか。これを「ネトウヨ」への妥協みたいに取られる人たちは、それこそ時処位が分かっていないでしょう。
●あいちトリエンナーレの騒動で猛批判していたサヨクにしては、こちらは反応が薄い気がする。
●ギャグ漫画家の面目躍如ですね。この回はもっと世間に知られていいし、玉川徹氏のコメントが欲しい(笑)。
●読んでまず「ん???」となって、そして拍子抜けして、、脱力した。
●どんだけ過激なコトが書いてあるのかなあと、ドキドキしながら読んで行ったら….感想は「SPA!、ヘタこいたな・・・」でした。
●で、結局どこからも抗議は来なかったのでは?
●ゴー宣の中でも特筆の面白さでしたのに不掲載とは!。端座したよしりん少女像の百面相に爆笑続き。表現の自由・自主検閲についても考えさせられました。
●私も大多数の例に漏れず「まさか!?」の結びつきでした。この辺に理解者がいるというちょっとした希望も感じました。
●自分自身、嫌韓と韓国の事実の違いをしっかり見極めなる努力を怠らないようにしないといけないから。
●先生のプロの矜持を感じました。
表現の自由を守るにはこうするのだ!という実践ですね。偽善にや利権よって一番辛い思いをしている少女像。皮肉にもあの作品によって初めて彼女に爽やかな息吹が吹き込まれたような気がします。
●漫画も面白かったし、よしりん先生の表現規制と戦う姿勢に尊敬の念を抱きました。

☆ 第3位 【2月7日:小林よしのり、伊藤詩織さんへのレイプ事件で逮捕を免れた男から、1年半前の『SAPIO』に描いた『ゴー宣』が名誉毀損と訴えられたと公表。】 29票

《選考者のコメント》
●まさか裁判になるとは、びっくりでした。酷いですね。
●レイプ魔にして権力の太鼓持ち。先生にとっては飛んだ貰い事故だったかもしれませんが、この男に天誅が下るきっかけになればイイと思いました。ヤツは決して売ってはならない相手に喧嘩を売ってしまった。
●どのツラ下げて・・・。
●とんでもない話です。
●権力との戦いの意味もあり、読者としても気合が入りました。
●裁判の結果がどうなるのかが気になります。
●雑魚には負けないでしょうね。
●自称ジャーナリストのトンデモ起訴に開いた口が塞がりませんでした。
●週刊新潮や伊藤さんを訴えるのでなく、よしりん先生に、という事でこのYの姑息さがあらわになりました。
●小林先生を訴える言論人はいつもこれですね。反論じゃなくて裁判で黙らせようって。オウムは暗殺のほうが先だったようですが。
●本来は、直接縁の無かった事件です。この世迷い事は、先生によって光が当たるでしょう。
●『週刊新潮』スルーは何故??
●心底クソなやつだぜY口!!
●一日も早く伊藤詩織さんへのレイプ事件で逮捕を免れた男のチンコが切り落とされますように、との願い(呪い?)を込めて。
‪●未だに誰かに訴えられる‬‪ということはまだまだ人に‬‪影響を与えているということなんだなと‬‪思いカッコいいなと思いました。

 


 

初の東海開催大成功が1位というのは、来年のさらなる飛躍を予感させてじつにめでたいです!
2位の件は、事態発生当初は腹立たしい思いもしましたが、その後の動きでかえってこれでよかったと思えるような状況に。
3位の件は、これは今でも腹立たしいのですが、これもきっと結果的には大きな意義を残せるだろうと確信しています!

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ