ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.12.24 08:29日々の出来事

来年もレイプ撲滅のために戦う

『ゴー宣』第71章コンテは午前中に完成する。
伊藤詩織氏、勝訴について描いているが、発表は来年
1月になる。
正月なんかがあるから発表が遅れる。悔しい。
でもブラックボックスに一歩踏み込んだ。

今日配信の『小林よしのりライジング』では、わしも
泉美木蘭さんも「伊藤詩織、勝訴」を受けた文章を
書いているので、「勝訴特集」だ。

YouTubeの「おどれら正気か?」が読者の報告では、
3万回再生を突破したらしい。
来年1月には、さらにブラックボックスを解明する
生放送を、泉美さんとやることに決めた。

テレビは山口側に訴えられるリスクがなくなって、
ようやく伊藤詩織氏の側に立った報道をしているが、
権力が隠蔽した事実への踏み込みが足らない。
来年、我々はそれをやる。
泉美探偵には、年表を作っておいてほしいと頼んで
いる。

いままで「HANADA」らエセ保守や、女の仮面を
つけた名誉男性によって繰り返された伊藤詩織氏に
対する異常なバッシングの映像を、わしに送ってくれ
る人もいる。
年末はそれらの「日本の恥」の言動をじっくり見て、
恐怖のどん底に落としてやらねばならない。

伊藤詩織氏ももちろん法的処置を取った方がいい。
個人的な復讐のためではない。
女性の地位向上という「公益」のためであり、日本国
のためでもある。

レイプ撲滅!レイプ擁護・撲滅のために『ゴー宣』
では「レイプ論シリーズ」を続けていく。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ