ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.12.30 11:05日々の出来事

妄想共同体に嵌ったら抜けられない

ネットの情報で「妄想共同体」を作っている者はもう
手遅れだ。
伊藤詩織が枕営業だと本気で信じている「妄想共同体」
もあるし、奴らは真実を知りたいという気持ちよりも、
「妄想共同体」の居心地を重視するのだから手遅れだ。

世間の嫁姑の不和を上皇后と皇后に当てはめて、皇后を
非難したり、秋篠宮が我が子を天皇にするために、
愛子皇太子を阻んでいると妄想している連中もいる。

それらの「妄想共同体」はもう手遅れで、カルト団体と
一緒だから、洗脳は解けない。

昔は口コミで虐殺が起こったし、ラジオのデマが民族虐殺
に発展したケースもあるし、今はネットのデマ情報を
信じた「妄想共同体」ができ上がっている。

伊藤詩織の件で、枕営業デマを拡散した「妄想共同体」は、
たった一人の女性を寄ってたかって虐殺しようとした
狂気の妄想集団と同じだし、ホロコーストにも通じる
危険性を持っているのだ。
そういえば、この「妄想共同体」の村長は、ホロコースト
はなかった説を強く推した男だった。

「妄想共同体」は、人が集まったら、どこにでも発生する
危険を抱えている。
「ゴー宣道場」では、自らが妄想に嵌らないように、
師範たちが、顔と名前を出して、批判されるリスクを負って、
自らの考えを堂々と披瀝している。
ナマでその議論を見聞きすることができるし、ネット配信
でも見ることができる。
しかも明確な目標を公開しているから、その趣旨に賛同
する者がやってくればいい。

① 双系を主軸とした皇位の安定継承
② 立憲主義による憲法改正
③ 女性の地位向上
以上が今のところ三大目標だから、これを実現するために、
地方への拡大を続け、政治的影響力を持つことにした。

「妄想共同体」は、いつかボロが出て、政治的な影響力は
持てないと思うから、理念を捨てずにリアルな活動をして
いこうと思う。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ