ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2019.12.30 13:27ゴー宣道場

2月ゴー宣道場、応募をお忘れなく!

年末で帰省したり大掃除したり家族サービスしたり
している人も多いと思いますが、
門下生メーリスでは告発事件が起きたり
九州設営隊に女性隊長が誕生したりして
毎日ものすごい数の投稿がある。
み、みんな、帰省したり大掃除したり
家族サービスしたりしなくて大丈夫なのかな。

けれど新たな胎動も感じる。
一人ひとりが能動的に「自分の言葉」で
語っているのがわかる。
内容は疑問の投げかけ、批判、分析、自省と
さまざまだけど、それぞれが自ら思考しているから
読んでいてとても勉強になる。
令和元年は、間違いなくゴー宣道場と門下生に
とって、一つの大きな画期になると思う。

さて、ゴー宣道場本体も負けてはいられません!
令和2年最初の道場は、東京開催、
2月9日「道場10年 成果と展望」と
題して開催されます。
単なる懐古趣味に陥るのではなく、
これまでの歩みを踏まえて、道場のあり方と方向性を
決定づける回になるでしょう。

この10年で、何人もの政治家をゲストに
お招きしたけれど、その後の変節ぶりを見ると
とても政治を政治家だけに任せてはおけない。
それがわかったことは、この10年の大きな成果と
いえるかもしれない。
(だからといって、政治家を招くことそのものに
意義がないとは考えない。生の声を聞く良い機会になる)

政治に庶民の声を届け、粘り強くはたらきかけ、
政治を動かす。
「公」のことは「お上が何とかしてくれるでしょ」と
思っているそこのあなた!
「政治家になんかそもそも期待してないよ」と
ニヒリズムに浸っているそこのあなた!
だったら自分で声をあげよう。
この国の未来に、責任ある態度を示そう。
ゴー宣道場は、そのための場所です。

10周年のスペシャル記念品、
門下生によるゴー宣道場のグッズ販売、
道場のことがわかる冊子「KATTENA!」の
販売等、イベントも盛りだくさんですよ~。

応募締切は1月29日(水)です。

まだ先のことだからと思っていたら、
あっという間に締切過ぎちゃうよ~!

応募申し込みはコチラから
https://www.gosen-dojo.com/application/
ふるってご参加ください。

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ