ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2020.2.16 11:24皇統問題

政府は皇室を滅ぼすつもりか!?

今日の読売新聞一面トップ。
「女性・女系天皇 議論せず
政府方針 皇位継承順位 維持」
との見出しが躍っている。
記事には「男系男子が皇位を継ぐ皇室制度を
維持する」と書かれている。

いやいやいや、どうやって維持するんですか?
先般、菅官房長官は旧宮家系の男系男子に
復帰(正確には取得だが)の意思確認を
していないと明らかにした。
だとするならば、悠仁さまと結婚された女性が
男の子を生まなければ、皇室は途絶えることに
なるではないか。
人間の意志ではどうにもならない出産に国家の命運をかける。
しかも側室の復活はあり得ないから、ひとりの女性に
その責任をすべて負わせることになる。
なんという愚かな策か。
いや、策でも何でもない。
神風が吹くから大丈夫、といっているようなもの。無策。
政府関係者は、女性・女系天皇を認めれば
「皇室の安定性を損ないかねない」と発言しているという。
とんでもない。まったく逆だ。
男の血にこだわった結果、皇室そのものが
滅びる可能性が高くなるのである。


民意も思いっきり無視している。
記事によると、政府はこれまで非公式に学識経験者らに
接触し、意見を聞き、これを踏まえて女性・女系天皇を
実現するための法整備は見送ることにしたという。
有識者懇談会も設けない方向だという。
はあああ???
国家の根幹にかかわることなのに、
非公式なんてあり得るのか?
ここでいう学識経験者というのはいったい誰のこと???
国民の多くは、女性・女系天皇に賛成している。
これを無視して、非公式で、公の場で議論する機会も
設けないとは、何たる暴挙。隠蔽工作。
何もかも裏で自分たちの都合のいいように
進めていこうという魂胆か?
どうせ国民は女性・女系の区別もついていないと
ナメてかかっているのではないか。

この方針がもし既定路線であるならば、民意ばかりでなく
皇室典範特例法の付帯決議をも軽んじていることになる。
付帯決議には、安定的な皇位継承を確保するための
諸課題について、政府は速やかに検討しなければならないと
記されている。
現時点で、少しも「速やかに」おこなわれていない。
そればかりか、女性・女系天皇を議論しない
(つまりその可能性すら排除する)なら、
検討しようがないではないか。

まったくムチャクチャである。
この政府方針が本当ならば、政府は、
確実に皇室を滅ぼそうとしているとしか
思えない。
安倍政権に、皇室への敬意は本当にあるのか?

ただ読売は時々、世論の反応を見るための
政府のリトマス試験紙の役割を果たしたりするので、
まだこれが決定事項だと断言するのは早いかもしれない。
しかし、要注意。
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ