ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.2.25 00:08皇統問題

「男尊女卑」が皇統を危うくする

天皇陛下にご聡明でご健康なお子様がいらっしゃる。
にも拘らず、その方が女性なら、ただ“女性だから”という
だけの理由で、絶対にご即位が認められないというルール。
それに違和感を感じるか、感じないか。

国民の敬愛を集める天皇陛下に立派なお子様がいらっしゃる。
しかし、親である天皇が女性なら、ただ“女性だから”という
だけの理由で、そのお子様は絶対にご即位が認められない
というルール。
それに違和感を感じるか、感じないか。

しかも、側室制度が無く、非嫡出の皇位継承資格は
否認されている。
つまり、継承資格を「男系男子」に“狭く”限定していたら、
間違いなく行き詰まることがもはや明らか。
それでも、上記のルールを維持することに違和感を感じるか、
感じないか。

更に、前近代における“シナ由来”の「姓」の男系継承の観念も、
既に社会的影響力を失った。
加えて、旧宮家系国民男性に“新しく”皇籍取得を可能にするという、
改めて考えるみる迄もなく、元から実現可能性が薄く、
将来の安定継承には繋がらない“目先の気休め”でしかないものの、
いわゆる男系派にとっては“唯一”の解決案だったはずの方策さえ、
もはや選択肢から除外されている。
にも拘らず、上記ルールにいつまでも拘ることに違和感を感じるか、
感じないか。

「感じない」という人は、国民の中では“ごく一握り”に
とどまるだろう。
そういう感覚の持ち主は率直に言って、およそ桁外れな
男尊女卑と言わざるを得ない。
男尊女卑こそ皇位の安定継承への道を阻む最大に障害だ。

3月の岡山でのゴー宣道場は「女性が輝く時代は来るか?」
というテーマ。楽しみだ。
応募の締め切りが迫った。
2月26日。
明日だ。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第89回

第89回 令和2年 5/3 SUN
14:00

テーマ: 【開催延期】「立憲主義は常識だ!」

INFORMATIONお知らせ