ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.2.29 00:55皇室

皇居勤労奉仕は暫く中止すべきか

皇居勤労奉仕に長年、熱心に携わって来られた一般財団法人
・大東会館の機関紙『道の友』821号に、以下のような問題提起が。

「今後、武漢肺炎の件で案じられるのは、皇居勤労奉仕のことである。
…今春、特に3月の勤労奉仕はすべて中止する判断もやむを得ない
のではないか。
新型ウイルスの害が宮中に及ぶことは絶対に避けなければならない。
多くの奉仕者が屋内に参集し、宮内庁職員との濃厚接触も避けられない
勤労奉仕は、宮中に於ける感染症蔓延の温床とならう。
我々奉仕団としても…無念であるが、何より陛下の大御身を
お守りすることが第一であり、ただ粛然と宮内庁の決定に従ふのみである。
宮内庁は英断を下すべき時ではないか」。

重大な提案だ。
文中では触れておられないが、天皇陛下の奉仕団へのご会釈は、
密閉状態の室内で行われる。
全国から集まった、200名ほどの老若男女がぎっしりと並び、
各奉仕団の前で陛下は一々お立ち止まりになって、目の前の団長から
それぞれの奉仕団の紹介を丁寧にお聴きになり、団員に親しくお言葉も賜る。

それが毎週、2度ほど行われているのだ。
「宮内庁職員」どころか、畏れ多い話ながら、陛下ご自身への感染さえ、
懸念される。
宮内庁は躊躇なく、皇居勤労奉仕は(多少の不都合を忍んでも)
暫く中止とすべきではあるまいか。

…と書いていたら、正式な公表があるかどうかは不明だが、
来週からの勤労奉仕は暫く見合せるとの情報が入った。
少し安堵した。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ