ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.3.12 11:44日々の出来事

ナショナリストとしての考え方

テレ朝のモーニングショーで、コロナは「何も対処
をしなかったら」1000万人以上が感染すると言って
いるが、インフルエンザに毎年感染する人数と同じ
である。

しかもインフルエンザはワクチンがあるのに1000万人
感染するが、コロナにはワクチンがない。
ワクチンがないのに、コロナは1000万人しか感染しない
のだろうか? 不思議だ。

アメリカの学者はコロナの感染力はインフルエンザの
10倍だと言っている。
数字の辻褄が合わない。
専門家が一致した見解には至っていないから、わしは
専門家を信用しない。

さらにモーニングショーでは1000万人の感染者のうち、
20万人が重症化すると言っているが、あくまでも
「何もしなかったら」の前提だ。

「何もしなかったら」というのは、主体は何だろう?
「国家」が何もしなかったらという意味か?
「国民」が何もしなかったらという意味か?

イタリアは国家も国民も何もしない上に、高齢化が
日本に次いで2位だから、爆発的に感染が拡大した。
とても分かりやすい例だ。

わしは日本では他の国々と比較して、大して感染者
は増えないと思う。
国民性の違いをグローバリストは考慮しない。

日本では、むしろ経済への打撃で、自殺者の方が
増えると思う。
年間2万人だった自殺者が、また3万人になるの
ではないか?
その方が怖いとわしは思う。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ