ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.3.14 11:14日々の出来事

緊急事態宣言を容認した野党の愚挙

誰か一人くらい自分の周囲にコロナに感染した者がいるか?
わしの周囲には一人もいない。

コロナが流行ってるというのは、テレビ・新聞・ネットと
いうマスコミの中の世界で、自分の実感としてはないのだ!

だが、とうとう「緊急事態宣言」が出されるかもしれない
事態にまでなってしまった。
立憲民主党を始めとする野党が「安倍首相、あなたにお任せ
します。どうぞ独裁して、国民の自由を制限してください。」
と特措法に賛成したからだ。

「安倍首相、あなたが国民の外出を自粛させ、イベント・集会
を禁止し、報道を制限してください。」と野党が安倍首相に
全幅の信頼を寄せ、お願いしたからだ。

「国会の事前承認も、事後承認も要りません。緊急事態を
いつ始めて、いつまで続けるか、それは安倍首相個人の判断
で構いません。安倍首相、お望みのままに。」と立憲民主党
が言ったから、安倍首相はいつでも強権を発動する権利を
得た。

しかし、ここまで実感のない緊急事態ってのは異常だ。
保守はあくまでもマスコミに洗脳された「大衆」に翻弄され
てはならない。
「マス」は「ひと塊の大衆のこと」だ。
「大衆」は、生活実感に支えられた「庶民」ではない。
保守は「庶民」の味方であり、「塊としての大衆」を警戒
する立場だ。

マスコミに危機を煽られて、権力者に緊急事態宣言の発動を
許し、経済をマヒさせ、倒産、失業、自殺に繋がる「庶民」
の苦難を救うのが保守の役割りである。

わしは「権力の暴走」と「マス・ヒステリー」に対して
警告を発し続ける!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ