ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.3.21 12:07日々の出来事

「中四国ゴー宣道場」アンケート回答2

「中四国ゴー宣道場」のアンケート回答2です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆前説面白かった。設営隊の方々の連帯感が良かった。
男へのエール欲しかった!
お会いできて光栄でした。見ていると感動で自然と涙が
出ました。
道場を開く準備を考えると、その労力に頭が下がります。
参加できて良かった。時間があっという間でした。
参加者の選択にも感謝を、毎度相当に時間がかかって
いますよね、ありがとう岸端さん。
(香川県・42歳男性・自営)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
道場の開催自体をこんなに喜んでくれる人が中四国に
いたんだと思うと、設営隊諸君もみんな報われるやろ?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆高森先生の「暴力が価値を持つ社会は男性優位の社会
になる」との説明は、「どうして男性優位の社会になるん
だろう?」と気になっていた僕にとって目からウロコの
お話でした。
決して「男性が女性よりも優れているから」といった浅薄
な理由ではないんですね。とても勉強になりました。
(兵庫県・41歳男性・地方公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人類の歴史は戦争の歴史ですからね。
ただしここで勘違いしてはならないのは、フェミニズムの
運動家のように、女性優位社会になれば戦争は起きない
という幻想を持ってはならないということです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆木蘭師範より話があった日本の女性の実情を示した
データの説明、高森先生が話された古代日本の男女の
関係についてはとても勉強になりました。
また小林先生の話されたフェミニズム、フェミニストの
源泉についての話はとても自分の中でも合点のいく所が
多々ありました。
(東京都・33歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自称保守の運動を行う女性たちは、反フェミニズムで
固まっているようですが、フェミニズムの理論を理解
してから反対した方がいい。
わしは『ゴー宣』で描きますよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆フェミニズムは女性の地位向上を望むが、日本の
フェミニズムは左翼イデオロギーと結びついている。
なら愛子さまが天皇になった時、フェミニズムの人達は、
本心でどういう心境になるのだろうかと意地悪な想像を
してしまった。
(兵庫県・46歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
利用できる限りは利用しようと考えるかもしれません。
だが、男系固執派こそが愛子さまが皇太子になった
時点で、どんな心境になるのか、知りたいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆よしりん先生の、文化的背景が「女」にするという
言葉がすごくガテンがいきました。
実は、私の妻がずっと母から「女」だから女らしく生きて
いきなさい、と教育されてきているんです。今もそうです。
いつも思いますが、女性の門下生は主体性をもっていて
強いです。
よしりん先生の活動が間違っていないんだと思いました。
(三重県・43歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
潜在的な能力を封印しているのなら、環境を作って能力
の解放をしてやろうと思っているだけです。
日本のためです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「専業主婦になぜ女性がなりたがるか」という議論には
非常に興味を持ちました。
男性や女性も含め、先行きの見えない社会に対し、守りに
入っているのではないかと感じた。
(岡山県・37歳男性・ほとんど株で生計)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女性の意識は、その時々の経済に大きく左右されるん
ですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆女性の多い職場なので、女性が管理職・出世に消極的
なことには共感しました。
しかし、家事に育児に大変苦労している話を聞くことも
少なくなく、家事に協力的な男性を夫に持つ女性が仕事
に積極的であることは実感するところでもあるので、
師範方のお話もストンと入ってきました。
自分の地元で女性が立候補したら、無条件ではないですが、
3割程度上乗せした気持ちで投票したいと思いました。
(鳥取県・51歳男性・介護職員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その感覚いいですね。
スタートラインに立つ女性は応援しなければならない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆女性はリスクを背負いたがらない、自分から手を挙げ
ないことが、ますます女性の地位を低くしていく…と
いうのは一面の事実と思います。
誰かが変えてくれるのを待ってはいけない。
私も非才無能の身ではありますが、責任ある立場に就く
ことで得られるもの(それは苦悩も含めて)を、しっかり
受け止めたいと思います。
(奈良県・46歳女性・介護支援専門員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こういう女性が増えないと日本は衰退する一方だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆軍隊と同じ方式で工場や学校が運営されていると
いうのはとても示唆的でした。
その中で、女性は自身が立つ場ではないと直感するの
かもしれません。能力関係なく。
私はエールは求めませんが(笑)、男性とか女性とか関係
なく、自分のやるべきことを見極めて行動してゆこう
と思いました。
(広島県・33歳男性・農業)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国家を救う能力は男にだけあるものではない。
山尾志桜里を見ていれば、それが分かるじゃない
ですか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ゴー宣の長年の読者であり支持する者です。
真正保守はここにしかない。最後のとりでと思っています。
小林先生の見通しが正しいことを祈っています。
発言が日替わりで、二転三転する現政権ではありますが、
今後の動きに注視していきます。
(広島県・65歳男性・自営)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真正保守をもっと増やしたいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆私自身、我が子の小学校のPTA活動をしているが、
PTAでは女性が活躍している。
しかし小林先生はパブリックで活躍しなくてはいけない
と断言されました。
女性はPTAやNPOなどの地域社会では大活躍して
いると思います。
しかし、大きな土俵づくりに女性が入ってないと
地域共同体再生設計が進まないということが腑に落ち
ました。
(香川県・47歳男性・中学校教員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地方議会や、国会に女性が進出し、経営者にも女性
が増えなければならないですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆結局のところ、個々の女性自らが主体的に動くと
いう連鎖が日本にも起るムーブメントを、この会が
きっかけで作ることになれば良いなあと感じました。
高森先生がおっしゃっていたことは医学的に真実で、
人間の基本形は女性で、Y染色体上の性決定遺伝子
が発現すると男性になります。
女性天皇をまず実現させることが女性の地位向上の
第1歩です。
(京都府・63歳男性・医師、大学教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全くその通りですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆私は公のために出馬しました。地位や名誉に全く興味
ありません。これは女性全般に言えることだと思います。
しかし男性は政治家になると、地位と名誉を手に入れる
と人が変わってしまいます。
その様子を女性は見抜いています。
だから「ああはなりたくない」から出馬しないと。
しかしこの道場からもっと女性が出馬して欲しいです。
(高知県・52歳女性・オンライン語学教師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地位や名誉ね。私欲に引きずられたらおしまいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆中四国での初開催‼ しろくまさん、リスクを引き受
けてくださって下さってありがとうございました!
10年来ずっとゴー宣道場に行きたいと思っていたので、
1つ夢が叶いました!
それは全てしろくまさんを筆頭に設営隊のみなさまの
おかげとも思っています!
しろくまさんのような女性リーダーが、たくさん誕生
していかなければいけませんね‼
今日はありがとうございました‼
(広島県・37歳男性・教諭)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しろくまさん、よくやった。三味線弾きらの設営隊も
よく女性隊長を支えた。
しろくまさんは、またわしに新たなプランで直訴しに
来ると言っている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上でアンケート回答は終わりです。
次は5月3日「東海ゴー宣道場」だぞ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ