ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.3.24 14:29新刊情報

先生の本を読むと私は祖父に会える気がします。

愛読者カードでいただいた
『慰安婦』(幻冬舎)の
感想をご紹介します!

 

 

大正9年生まれの祖父は、私が小学生の頃、夏休みの宿題で
「戦争について家族に聞いて作文を書きなさい」
と言われ、戦争について聞いた私に、
「オレの船が爆撃にあった時、南の島で看病してくれた
看護婦はオレに絶対ホレていた」としか言いませんでした。
何度聞いてもこの話だったのです。
話せない思い、話したくない思いがあったのでしょう。
実際祖父は爆撃を受け、あごの骨をなくしていました。
大人になって、先生の「戦争論」を読んだ時、
祖父に読ませてあげたかった。
大人になって、自分の力ではどうしようもない悲しいことは
起こりうるとわかってから話したかったと思うのです。
先生の本を読むと私は祖父に会える気がします。
精神力、体力、気力、全てをそそいでのお仕事だと思います。
どうかお身体大切に、描きつづけて下さい。
読みつづけます。
(福岡県・50歳女性・専門・技術職)

 

『戦争論』も『慰安婦』も、
公には語られなくなっていた、
戦争に行った祖父たちの本当の思いを
伝えたいということが原点にありました。
この本を後世に残すことで、
祖父たちの思いもゆがめられない形で
残って行ってほしいと切に願います。

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ