ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.4.6 10:25日々の出来事

モーニングショーがやっと死者数の少なさに気づいた

今日の羽鳥モーニングショーは、政府に対して、
文句文句文句、文句のオンパレードで本当に五月蠅
かった。
よく年寄りは、あんな文句番組を見ていられるなあ。

わしが見るのはあの番組が最もコロナヒステリーが
進行していて、大衆の不安を煽るアジテーターの
役割りを果たしているからだ。
ヒトラーが五月蠅いからといって、チェックせずに
放っておいたら、ユダヤ人を収容所に送り込む
集団殺人国家になっていたという歴史に学ばなけれ
ばならない。
コロナ陽性を検査で炙り出して隔離しろという考えも、
ユダヤ人を炙り出して隔離しろという考えにそっくり
だから驚く。

番組の最後でようやくコロナの「死者数」が他国に
比べて抑えられているという事実に、山口真由が着目
したが、それに玉川徹が奇妙な反論をしかけたところ
で番組が終わってしまった。
実はこの番組、徹底的に「感染者」の増加のみを
クローズアップして恐怖を煽り、視聴率を上げてきた。
「死者数」に注目させたら、途端に破綻してしまう
からだ。

玉川が言おうとしたのは陰謀論である。
毎年、肺炎で10万人も死んでいるから、その中に
コロナ感染者が含まれているはずだという根拠なき
陰謀論である。
他国に比べての日本のコロナ「死者数」の少なさは、
驚異的だからだ。
だからアメリカも玉川も「日本の検査数が少ないから」
と言うのだが、それでは「死者数」の少なさを説明
できない。

検査はしてもしなくても、感染者は増え続けるので
あって、感染経路は追えるはずがなく、結果として
インフルエンザの感染者数・1000万人まで増えても
何ら不思議ではない。
問題は「死者数」なのだ。

イタリアもアメリカも、日本人(アジア人)をコロナ
で差別していたのはつい数週間前だ。
コロナ感染は日本が先行している。
日本が先行していて、アメリカが遅れて感染が始まり、
あっという間に日本の「感染者数」も「死者数」も
抜き去っていったのだ。

当然、アメリカの惨状は「国民皆保険」がなく、
貧困層は医者にかからず、医療体制が遅れていると
いうアメリカ特有の事情がある。
肥満体が多く、不潔で、マスク着用の習慣もなく、
キス・ハグ・ビズの濃厚接触は当たり前という
国民性が、コロナウィルス増殖の最適の環境に
なっている。それがアメリカの惨状の原因だ。

日本がアメリカのようになるという根拠はないのだ。
医療崩壊になるのは、感染者を強制的に入院させる
からであって、ベッドが足りなくなるのは当たり前、
医療のマンパワーが無駄に裂かれるからだ。
医療は徹頭徹尾、重症者に注がれるべきであって、
「死者数」を減らすことに全力を尽くした方がいい。
軽症者は自宅療養、他人に感染させないように自分で
自分を管理しておくしかない。

そうやって軽症者・あるいは無症状の人は、いずれ
回復し、「集団免疫」を獲得した戦士に変身して、
感染を止める壁になるのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ