ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.4.7 21:39日々の出来事

緊急事態宣言の驚き

緊急事態宣言を出すのが「遅すぎる」と言うのが流行
らしい。アホか!

安倍首相が緊急事態宣言の中で言っていたが、
「このままのペースでいけば1か月後の感染者が
8万人になる」そうだ。
専門家の後ろ盾があっての発言だから、それが専門家の
予想なのだろう。
多分、モーニングショーでは「1か月後に8万人!」と
煽るのだろうが、わしはあまりの少なさに拍子抜けした。

インフルエンザの感染力なら1月~5月始めまでなら、
400万人に達するはずなのに、コロナは5月始めにまだ
8万人か!!
いかにコロナの感染力が「日本では」弱いのかが分かった。
「日本では」という言葉を強調しておく。

アメリカでは現在、感染者数が36万人だが、どうせ日本は
検査数が少ないからと言うだろうから、では死者数を比較
しようか?
日本は死者69人だが、アメリカは7087人だ。
日本より後にアメリカはコロナ騒ぎが始まったのに、
あっという間に日本を抜き去っていった。
「今のアメリカは日本の3週間後の姿」って何だ?
頭がオカシイのか?

イタリアのコロナ死者は14681人、スペインは10935人、
フランスは6507人、中国は3326人。
日本とは桁が違うんだよ。

たった69人の死者で、日本は緊急事態宣言を出す必要が
あったのか?
「遅すぎる」と言った奴の名を覚えておいた方がいい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ