ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2020.4.13 18:33

「本当はもっとコロナ死者がいるはずだ」はデマ

玉川徹氏がテレビで何度も発言しているような

「日本には10万人の肺炎死者がいる、コロナ死者が混じっていて、
本当はもっとコロナ死者がいるはずだ」

という陰謀論が蔓延しているようですが、
日本の病院では、CTなどで肺炎が判明した場合、
まずはその原因となった微生物を特定する検査を行い、
その原因を突き止めてから、治療法を選択しています。
「菌」か「ウイルス」かというだけでも治療薬は違うし、
抗菌薬ひとつとっても、感染した病原体によって使い分け
なければ退治できないから当然です。

そして、厚労省結核感染症課の担当者が、

「一般の肺炎患者には、生前の段階から全員にCT検査を実施している。
これは、新型コロナウイルス感染の有無を調べる1つの指標としてだ。
急に搬送先で原因不明で亡くなった肺炎患者がいれば、
死後、CT検査を行うこともある。
その結果、コロナ感染が疑われる事例には漏れなくPCR検査に回し、
詳細に原因を突き止めている。
その確定診断結果を、新型コロナウイルスの死者数などとして、
公表している。決して数字に隠蔽はない」

と回答しています。

だから、まるで「謎の大量の肺炎死者」がいるかのような情報はデマです!
次回配信のライジングでもっと詳しく書いていますので、読んで下さい。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ