ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.4.13 20:14日々の出来事

5月からコロナ論を毎週描いて戦う

仕事場に行って、スタッフとコロナ談義をしたが、
「世界と日本の決定的な差はCT検査だろう」と
トッキーに話したのだが、理解してくれない。
報道ステーションの司会者も、まずCTで、次が
PCRだ。
それは日本以外の国では出来ないから、切り札は
CTだと力説したが首をひねるばかりだ。

ポカQに至っては、そもそもコロナの死者数の
少なさをどう説明しても恐怖が勝っていて理解
できないようだ。
基本的にポカQは、わしが危険なことを言い始め
たらいつも臆病になるからな。
これが大衆なんだなと諦める。

秘書みなぼんとランチしながら話すと、わしの考え
を100%理解しているので、合理的で頭のいい女だ
と感心した。

帰宅して、泉美木蘭さんの原稿(肺炎陰謀説の打破)
を読んで、その緻密さを褒める電話をして、
CT検査の凄さの話をしたら、わしの意図を瞬時に
理解してくれて、その場でネット検索を始め、
自衛隊のHPを読みながら、わしの説を裏付けて
くれた。
来週、これをライジングで書いてくれと頼んだ。
その後、泉美さんはブルームバーグの英語の記事まで
読んで、調べてくれている。凄いわ!

木村もりよ氏との連絡は「FLASH」担当・りか坊が
やってくれた。
金曜は「SPA!」担当・織田氏も来る。
5月からは「SPA!」『ゴー宣』で本格的にコロナ論
を始める。
毎週毎週、徹底的に描いて、単行本も早めに出すよう
頼んだ。
無駄な自粛を止めさせなければ、日本経済が崩壊する。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ