ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.4.17 06:00皇統問題

結婚を強制? 

産経新聞(4月16日付)の一面にこんな記事。

「政府が安定的な皇位継承策の検討に向けて実施している
有識者への意見聴取で、戦後に皇籍を離脱した旧宮家の
復帰に関する考えを尋ねていることが15日、分かった。

…旧宮家の復帰については
▽旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚
▽現存する宮家に養子に入る
▽皇籍取得ーなどの考えを聴いたという」

まず、この記事を書いた記者のレベルを疑う。

「旧宮家の復帰」という曖昧かつ不正確な表現に、
この問題に対する当該記者の知識の程度が表れている。
勿論、問われているのは、“旧宮家”という漠然とした
単位ではない。

旧宮家系国民男性“1人1人”の新たな皇籍「取得」だ。
しかも、内親王との結婚にせよ、宮家に養子に入るにせよ、
いずれも「皇籍取得」であることには変わりはない。
にも拘らず、それら2つの選択肢とは別に、「皇籍取得」という
選択肢があるかのように分類しているのは、お粗末過ぎる。

恐らく3番目の選択肢は、内親王との結婚も養子に入ることも
介在させず、そのまま“直ちに”皇籍取得を認めるというものだろう。
しかし、この記事では、前の二者が皇籍を取得しないかのように
読める。

それはともかく、この「聴取」はいつ行われたのか?
2月10日の衆議院予算委員会で、菅内閣官房長官が
「旧宮家系男性の皇籍取得への意向確認は今後もしない」
という趣旨の答弁をしたのより前か、後か。

もし前であれば、聴取の結果が思わしくなかったので、
当事者である旧宮家系男性の意向確認を、やむなく断念したこと
になる。

逆に後であれば、3つの可能性が考えられる。
1つは、菅長官が虚偽の答弁をした。
もし、皇室についてまで平然と虚偽答弁をしていたのなら、
何をか言わんや、だ。も
う、安倍政権の言うことは何一つ信用できない、
と考えるしかない。

2つ目は、当事者の意向を顧慮しないで事を進めようとしている。
だがさすがに、旧宮家系男性が「国民」である以上、
当事者無視はあり得ないだろう。

3つ目は、男系維持にも配慮しているポーズを示す為に
“アリバイ”的に行った。
理性的に考えたらこの可能性が一番高いはず。
だが、そうは楽観できない。
旧宮家系男性の皇籍取得が実際に可能かつ妥当かどうか。
これまでどうして、当事者の意向確認も含めて、
きちんと「検討」しないで、長年に亘り放置して来たのか。
私にはそれが何より不審だ。

当事者の気持ちを考えると、無責任という以上に、
殆ど非人道的な仕打ちと言うしかない。
非人道的という点では、もし記事が嘘でなければ、
内親王と旧宮家系男性の結婚という選択肢を、対策の1つとして、
政府が躊躇(ためら)いもなく有識者に提示した事実に呆れる。

内親王と旧宮家系男性には結婚を「強制できる」
と考えいなければ、このような選択肢は出てこないはずだ。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ