ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.4.17 07:27日々の出来事

国民一律10万円より、医療関係者の給料を爆上げ

小さなマスクを2枚づつ配ったり、国民一律10万円
給付したり、ナンセンスなことばっかりやってるが、
そのカネを全部、医療機関に寄付したらどうだ?

医療用資材を徹底的にそろえて、コロナ対策をしている
医療従事者には、最低200万円の給料を与えればいい
じゃないか。

自宅に戻らずホテルに泊まる医者は宿泊費を全額、
国が補償すればいいし、最先端で戦う医者には月額
1千万だろうと2千万だろうと補償してやればいい。

医療崩壊が起こらないことが一番大事なんだから、
基本的には病院内にコロナの軽症患者は入れてはなら
ない。院内感染が拡がるとマズい。
重症化した患者だけを特定の病院で診ればいい。

あとの軽症者は自宅療養しかない。
どっちみち隔離施設が追いつかなくなる。
隔離施設に医者や看護師の手が取られるのは無駄だ。

医療関係者は全員、通常通りの患者を診て欲しいし、
特定病院でコロナの重症者を死亡させないように
全力を尽くして欲しい。

医療崩壊だけは避けなければならない。
コロナ対策の現場に湯水のようにカネを注ぎ込んで
欲しい。
国民一律10万円なんか要らない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ