ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.4.21 10:16日々の出来事

羽鳥モーニングショーが事実を隠蔽した

自警団モーニングショーがまたペテンをやった。
カルフォルニアの米スタンフォード大の調査では、
コロナの感染者数は公式発表の50倍から80倍である。

これは納得できる。
日本の感染者もインフルエンザの1000万人まで
伸びても不思議ではないのだ。

問題は「致死率」である。
スタンフォード大の調査では、致死率が0・2%
未満だったことが判明している!
これを羽鳥モーンングショーは隠蔽した!
まったくペテンである。
感染者数50倍だけ報じて、致死率0・2%は脅威を
煽れないから、隠したのだ!

人の生死にかかわる情報で、自分たちに都合の悪い
データを隠すのは最悪の所業である!

アメリカのような貧困層が劣悪な環境下にある社会で
致死率0・2%ならば、国民皆保険のある日本の医療
システムとの差を考慮すると、日本の致死率は
0・1%くらいにしかならないはずだ。

日本でコロナに1000万人感染して、致死率0・1%
なら、死亡者は10000人になるが、これはインフル
エンザの死者数と同数である。

だが、コロナの今の感染者数は1万人超えたばかりで、
指数関数的に伸びてないから、12月末までに
1000万人に達するのは不可能である。
まさかとは思うが、100万人にも達しないかもしれ
ない。

だとしたら致死率0・1%なら、死亡者は1000人に
しかならない。
今日現在のコロナ死者数は231名だから、いくら
何でもあと8か月で1000人は少なすぎる。
わしは5000人になっても驚かない。
とにかくコロナはインフルエンザの死亡者10000人
に完全に負ける。
義務教育で習った算数の知識があれば、専門家の
誤りくらい指摘することは出来るのである。

すべては義務教育だ!
義務教育だけはしっかり習わせろ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ