ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.4.24 11:24日々の出来事

今日の羽鳥モーニングショーの異常ぶり

羽鳥モーニングショーのヒステリーもそろそろ
行き詰まり感がある。

看護師がPCR検査で陽性が出たら、軽症・無症状
でも、絶対、患者を救ってはいけないとしたら、
医療崩壊は必至である。
目の前にいる患者を見捨てて、戦線離脱していいなら、
医療崩壊は避けられない。
「われは心より医師を助け、わが手に託されたる人々
の幸のために身を捧げん。」

だから軽症者を入院させるな、医療従事者の給料を
200万以上にしろと言ってるのだ。

自宅で急死した人が出たからと言って、自宅療養を否定
するのは異常である。
病院か隔離部屋で管理すべきというのは、大人に対して
やるべきことではない。

スーパーの並び方を事細かく指示する神経も異常である。
子供に指示するスパルタ教師みたいで気色悪い。

経済のために短期間一気に自粛しろと玉川徹は言うが、
もうすでに経済や文化に度外れた打撃をあたえているし、
「抑圧政策」をやるなら、1年中、自粛するしかない。
短期間を「抑圧」してもコロナは根絶できない。

玉川があきれたのは、コロナは交通事故より致死率が
高いと言ったことだ。
交通事故は毎年3000人が死んでいる。
コロナの死亡者は現在、287名である。

政府が「抗体検査」を急いでいるらしいが、それは
出口戦略を探っているからだろう。
外国では15%が抗体持っていたらしいが、集団免疫
を作る60%にはまだまだにせよ、日本でもそのくらい
なら、致死率がえらく低くなる。
それを根拠に段階的解除に舵をきるか?
羽鳥モーニングショーのヒステリーも出口戦略を
考えないとなぁ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ