ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.4.29 19:37新刊情報

『慰安婦』最終章は「希望」。歴史に残る名著!

ライジング・コメント欄から
『慰安婦』(幻冬舎)の感想をご紹介します!

 


 

遅れましたが、慰安婦の感想を投稿させていただきます。
小林先生の慰安婦に関する作品は、あちこちの単行本に散らばっており、探して読むのが大変でしたが、この本の登場ですっきりしました。

特に印象的に残った章が二つあります。
まずは第7章。
小林先生が43団体から大抗議を受けたのは知っておりましたが、ここまで幼稚、もはやギャグの領域だったとは!
「強制連行があったという証拠はないがなかったという証拠もない」⋯爆笑しました。
いや、もうこれ「なかった証拠はない」って言い分、実は経験ありなんですよ。
私は、ツチノコは実在すると主張する輩と闘ったことがありましたが、「ツチノコがいないとする証拠はない」とヒステリックに言い出され、思い込んでると理屈の通じないこと、宗教の如しでした。
挙げ句の果てには「世の中には科学では説明できない事がある」と言い出し、うんざりでした。
貴重な経験をフラッシュバックさせてくれた爆笑ものの章でした。

次は最終章の反日種族主義と戦え!です。
この章は一言で言えば「希望」でした。
私は日本に生まれの在日韓国人3世になりますが、日本の公を受けて育ち、日本人として日本に骨を埋める覚悟が出来てます。
日本の公のために死にます。
韓国に関しては、前から感情が冷え切っており、最近のレーダー照射問題、国会議長の物凄く無礼な天皇謝罪発言によって、憎しみに近い感情を覚えたりもしました。
しかし、韓国内で反日種族主義という本がベストセラーになった事で、驚きと共に希望を持つ様になりました。
韓国人も水面下では自国の異様な反日に違和感を覚えてる人が相当数、存在してると思います。
韓国も祖父の世代と孫の世代が分断されてます。
祖父の世代と孫の世代を繋ぎ、韓国版自虐史観の空気を打破する親日派の浮上を、これからも期待しています。

祖母(現在98歳)によれば、徴用工で在日韓国人であった祖父は戦後、民団、総連のどちらにも付かなかったらしく、中立を保った珍しい存在だったそうです。
結婚した当時は、筋肉質で健康そのものだったみたいです。
これだけでガリガリに痩せた徴用工の像が、いかに反日プロパガンダの為の代物であるのかが、すぐにわかります、笑。
韓国に関しては殆ど口にしたことはなかったそうですが、北朝鮮には強い怒りを口にしてたそうです。

私は安倍政権は蛇蝎の如く嫌いですが、韓国に対して、謝罪と賠償をする「謝罪戦略」から、物の道理を説く「道義戦略」に変えたのは、実に良い仕事をしたと思います。
西郷隆盛の韓国への道義外交がスタートラインを切ったのです。
これだけは、例え野党に政権交代しようとも絶対に変更して欲しくはないです。
これを変更しようものなら、これからの日韓両国は地獄を見ると思います。
日本の似非リベラルは、韓国と戦争に至るまで、謝罪と賠償をし続けるのでしょうか?
彼らには真の日韓友好を望む気持ちが、欠如してると思います。
唯ひたすら、いい人になりたいだけ!
真の日韓友好のためなら、韓国に物の道理を説き、韓国内の親日派を浮上させる戦略に変えた方がよいのではないかと考えます。

この慰安婦、歴史に残る名著です。
良い本を世に出して頂き、本当にありがとうございました。
(ハックスレーさん)

 

コロナの馬鹿騒ぎが続いて、今は注目されなくなっていても、
慰安婦問題が消えてなくなるわけではありません!
韓国の総選挙で文在寅の与党が圧勝してしまったので、
いずれ必ずこの問題は以前にも増して大きく火を噴くことでしょう。
その前に、今のうちにぜひこの本を読んでおきましょう!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ