ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.5.4 13:26政治・経済

コロナって本当に単なる風邪なのでは?

ライジングコメント欄からの
ご意見紹介です!

 


 

「コロナは高齢者には危険である」が定説的に語られますが
私はこれに違和感がありました。
※この場合の高齢者の定義は70歳以上とさせて頂きます。

で、前々回と前回の「おどれら正気か?」を観まして
よしりん先生と木蘭師範が東洋経済オンラインの年齢別感染者数グラフ
80歳代以上の所を指して「これだけしか死んでいない」という様な事を
述べていた時「そうです!そうです!」と頷いてしまいました。

グラフで感染者数を見ますと、70歳代と80歳代以上に比べて
20~60歳代の各年代別感染者数は約1.5倍以上多くいます。
※例えば5月2日の18時時点で、80歳代以上の感染者数1406人に対し
30歳代は約1.54倍の2163人という感じです。

それは生放送でもおっしゃっていた様に、高齢者が自粛で
外出を控える反面、それ以外の年齢層は働く為に外出している為
高齢者の感染者数が少なくなっていると思います。
「町中を高齢者がウロウロしているという」という
さも町中は高齢者だらけの様に思える自粛警察等の報告もありますが
実際には病院や他の施設でもコロナを恐れてか、外出している高齢者は
以前よりは少なくなっています。
あっ、ゼロではありませんよ。あくまでも以前に比べてです。
例えば、私の住む県のゴルフ場はそこそこ賑わっていますが
高齢者の来場はかなり少なくなっています。でも、ゼロじゃありませんけど。
※ここは「ゼロか100か」、「白か黒か」で結論したがる方に対して
予防線を張らさせて頂きます。

ここ何年かの日本国内の死亡者数を見てみますと
高齢者が占める割合が約80%です。
※数で表した場合、日本の年間死亡者数が大体130万人です。
この内の80%に当たる約104万人が高齢者の死亡人数という感じです。

で、コロナの年齢別死亡者を見てみますと高齢者の占める割合は同じ様に約80%です。
他の病気や怪我と比べて、コロナの人を殺す力は本当に特殊で危険なのでしょうか?
「死亡者全体の約80%が高齢者」って、そんなに特殊ですか?
言っても大体の高齢者は弱いですし。あっ!高齢者全員が弱いという訳では
ございません。一部、屈強な高齢者も勿論みえます。

ウチの母親も80歳代で元気ですが「そんな事で!」と思う位の事で
骨が折れたりしますし、「そんな短時間で!」と思う位の時間で
疲れて座り込んでしまいます。
高齢者というのは若年層が思う以上に身体が弱体化しています。

・5月3日現在の日本国内コロナ死亡者数は492人。
・死亡者数492人の約80%に当たる約393人が高齢者の死亡者数。
・コロナ発生から約4ヶ月として、393人を4ヶ月で割ると、1か月当たりの高齢者死亡者数は約98人。

果たしてこの死亡者数で例年の死亡者数に上乗せになる程の影響力があるのでしょうか?
それ以上に今年はコロナ対策による手洗いうがい習慣が増えた影響でインフルエンザ等での
死亡者数が激減している様な状況なのに、それをアップしてくる程のコロナ死者数がこれから
発生するんでしょうか?
※ちなみにインフルエンザは2019年2月だけで約2000人の死亡者が出ています。

…やはり、コロナは単なる風邪じゃないのかな?

バブル崩壊後に消費増税(3%→5%)等の影響により1998年の1年間で
自殺者約1万人、行方不明者約2万人の合わせて約3万人が前年より上乗せで増加しました。
それが以降、約10年間続きました。
10年間で約30万人の命がそれまでよりも上乗せして経済で失われたとされています。

という様な事から見ましても世間で言われている程、コロナって特別感あります?
コロナって本当に単なる風邪なのでは?
(ぴぷさん)

 


 

こういうご意見に対して、
「じゃあ、高齢者は死んでもいいというのか!?」
とか言ってくる人は必ずいるんですが、本当に処置なしです。
そういう人って、人は不老不死であるべきだとでも思っているんですかね?
それこそ、『火の鳥』と『ブラック・ジャック』くらい読んでほしいです。

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ