ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2020.5.10 10:50

やっぱり新型コロナよりもインフルエンザのほうが脅威

国立感染症研究所のインフルエンザ・肺炎死亡者数を見ると、
全国21大都市で、2019年の48週目(昨年11/25-12/1)から
すでに
毎週500人ほどの死者が出続けていたので驚いた。

月曜はじまりの私の手帳で確認すると、
2020年12月30日~1月5日の週から
2月24日~2月29日の週まででも、
大体毎週400~450人の死者。

3月以降も毎週300人程度の死者が出ていたようだ。

「インフルエンザで毎年1万人が亡くなっている」
という言葉は
この3カ月でずっと聞いていたし、
自分も使い続けていたが、
実際に
「毎週400~500人が亡くなっていた」というグラフを
見ると、
けっこうな衝撃だ。

しかも、この数字は、あらかじめ感染研で想定されている
ベースライン(緑の線)の前後に収まっているのだから、
過去のインフルエンザ関連死者数などから算出して、

「今年もこのぐらいは予想されていた」ということになる。

インフルエンザを甘く見ていた自分が恥ずかしい。
でもいつもまったく気にしたことがなかった!
感染してめちゃくちゃ高熱にうなされたこともあったのに、
そのさなかに毎週400~500人が亡くなっていることなんて
考えたことも注目したこともなかった!
インフルエンザの脅威にさらされる高齢者のことを毎年全然
考えてなくて、私って優しくなかったなあ。
でも毎年手厚く報道されたこともなかったしなあ……。

そして、2月から現在まで、死者数557名に抑えられてきている
新型コロナで、なぜいま自粛要請が出ているのか、ますます
わからなくなった。自粛は不要だろう。

ちなみにインフルエンザは大体毎年、11月半ばにシーズンが
始まって、3月ごろに急激に終息して
「ハイ、また来年11月に~!」である。
感染研は、シーズンごとに報告書を出しているようなので、
今シーズンの報告書も公表されたらしっかり読んでおこうと
思った。


「ウェザーニュース」より東京都のインフルエンザ流行予想
https://weathernews.jp/s/topics/201912/260065/

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ