ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.5.11 06:00皇統問題

皇位継承検討の日程

共同通信が次のような記事を配信した(5月9日)。

「政府は安定的な皇位継承策を巡り、昨秋に始めた
非公式の識者ヒヤリングを終えた。
女性・女系天皇と、男系維持に向けた旧宮家(旧皇族)の
皇籍復帰の是非を軸に10人以上から聴取した。
結婚後も女性皇族が皇室に残る『女性宮家』創設を含め、
今後は論点整理に着手する。
…国会は上皇さまの天皇退位を実現させた特例法の付帯決議で
『速やかな検討と報告』を政府に求めた。

天皇陛下の即位から1日で丸1年となったが、
新型コロナウィルスの影響で、本格的な検討は今秋以降に
ずれ込む見通しだ。
国会審議も考慮すると、安倍政権下で結論を出すには厳しい
日程になってきた」

私はヒヤリングの対象から外されたようだ。
安倍首相のブレーンと称する八木秀次氏は、論点整理の
結論は既に決まっていると、以前から繰り返し述べていた。
それが事実ならとんだ猿芝居という話になる。

そんなものには関わりたくはない。
だがヒヤリングの人選が、問題の根本的な解決を目指す
私のような考え方を、政府が排除したがっているのを
意味するのなら、事態は楽観できない。

皇位の安定継承については、両論並記で先延ばし。
皇族数の減少についてだけ、目先を誤魔化すようなポーズを取る。
そんなシナリオも見え隠れする。
それさえ、新型コロナウィルスの影響で「安倍政権下で結論を
出すには厳しい日程になってきた」という。
政治の場に、皇室の存続に直結する最重要課題という
自覚そのものが、欠けているのか。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ