ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2020.5.11 10:39

東大教授「PCR検査数が足りないのはむしろ欧米」

TBSの『新・情報7daysニュースキャスター』で、
池谷裕二東京大学大学院薬学系研究科教授が、
PCR検査数と死亡者数の関係を対数グラフで表示し、

・検査数の多い国が、死者数を抑えているわけではない

・日本は的を絞った検査で死者数が抑えられている

・欧米はたくさん死んでいるからたくさん検査をしている

・検査数と死者数を比べるならば、検査が足りていなのは
むしろ欧米だと言える

とおっしゃっていました。私もそう思いました。

また、原子物理学者の早野龍五東京大学名誉教授も、
SNS上でグラフを提示し、同じことをおっしゃっていました。

「PCRの検査を増やすと,COVID-19死者数が減るという
相関は見られない」

世界各国の人口1000人あたりの累積PCR検査件数(横軸:対数)と、
人口100万人あたりの累積COVID-19死者数(縦軸:対数)

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ