ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.5.13 02:07その他ニュース

オンライン授業

私にとって初めてのオンライン授業。
率直に言って、学生達がかわいそう。
こんな形式では、学力と意欲がある学生でも、
理解の程度がかなり低くなってしまうのは避けにくいだろう。
大学の教務課はZoomを利用した授業を指定して来た。
しかし周囲から、オンデマンド方式を選ぶなら、
新入生をはじめネット環境が十分に整っていない学生もいることを考えると、
YouTubeの方が遥かに親切であると、アドバイスしてもらった。

そこで教務課にその旨を伝える。

「自己責任なら結構(Zoom以外は一切サポートしない)」との返事。
4月以来の教務課からの通知も連日、追加や訂正の繰り返し。
試行錯誤で苦しんでいるのが、手に取るように分かる。
だから、はじめからサポートは期待していない。
ただ、少しでも学生の負担を減らしたかった。

自分でホワイトボードやカメラ用の三脚などを購入し、スタジオも確保。

ディレクター兼スタイリスト兼メイク兼カメラマンが1人。
他に、動画の編集やYouTubeへのアップ、教科書・教材を大学の学生閲覧用
サイトにアップする等を担当してくれる人材をもう1人。
私の授業のバックアップ・スタッフは、自前でかき集めた総員2名。
その上で、1回分を30分(通常は勿論90分)として、受講生の緊張感が
途切れないように、それを更に3分割して、10分ごとに論点を区切って、
別々に収録した。
今年は授業のスタートが5月からにずれ込んだので、
前期は12回(通常は15回)で、
それが全てオンライン授業になった。

よって、1つの講座で12×3=36分割。2講座なら72分割…という計算になる。
1分割の時間は短くても、それぞれ独立し、完結した内容を持たせるべく努めた。
なので結構、厄介だ(むしろ時間が短い分だけ余計に大変だった)。

しかし、ボランティアで支えてくれた2人のスタッフのお蔭で、
何とか前期の講義は既に全て収録を終えた。
純度100%のアナログ人間である私が一応、オンライン授業の用意を
首尾よく整えることができたのは、彼らの熱心な協力の賜物だ。
深く感謝。余計なお世話ながら、他の先生方はどうされているのだろうか。
文系の場合、私ほど酷くはなくても、高齢の先生方などで、
この種の作業が苦手な場合もあるのではないか。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ