ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.5.15 06:00皇室

足利義満は皇位簒奪を狙ったか?

室町幕府3代目の将軍、足利義満。彼が皇位の簒奪
(さんだつ=臣下が君主の地位を奪い取ること)を企てたとの
学説がある(近年では今谷明氏の説など)。
しかし、果たして事実だったのか。
今の学界ではとても広く支持されているとは言えないだろう。
例えば、以下のような批判がある。 

「(簒奪説が)大きな根拠のひとつとして注目してきたのが…
(義満の実母)良子(よしこ、)が順徳天皇の四世の孫にあたる
という事実であった。
つまり良子を通じて義満に流れこんだ順徳天皇の血が、
義満に皇位簒奪の野心をいだかせたと考えられているのである。
けれども私は、この仮説には大きな無理があると考えている。
そもそも順徳天皇の血筋など、皇位継承のうえではほとんど
問題にならない存在であったうえ、義満の良子にたいする一貫した冷遇は、
皇位簒奪計画なるものの存在を根本から疑わせるにたる事実だからである」
(桜井英治氏)

義満の実母だった石清水八幡宮検校(いわしみずはちまんぐうけんぎょう)
の善法寺通清(ぜんぽうじつうせい)の娘、紀(きの)良子。

義満は彼女を長年、冷遇し続けて、遂に姿をくらます事件まで起きていた。
このような事実を確認できる以上、簒奪説は有力な根拠を失ったと
見るべきだ(今谷氏ご自身も「あえて…大胆な臆説を披露すれば」と
断っておられた)。
【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ