ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.6.2 17:30日々の出来事

6月14日「ゴー宣道場」のお知らせ

6月14日(日曜)「ゴー宣道場」がついに再スタートする。
『コロナと緊急事態条項』と題して、議論する。

今回、日本で発出された「緊急事態宣言」と、憲法改正
案件としての「緊急事態条項」は罰則規定の有無の差が
ある。

わしは今回、日本がロックダウンできなくて良かったと
思っている。
インフルエンザより威力のない新型コロナでロックダウン
していたら、もっと虚しい被害が増えていただろう。

だが、だからといって、「緊急事態条項」が要らないと
結論づける気もない。
中国からもっと恐ろしい殺人ウィルスが侵入してくる危険性
は大いにある。
いまだにグローバリズムに回帰させようと目論む者だって
いるのだから。

小泉今日子のおかげで頓挫した「検察庁法改正案」の件も、
議論しておかねばならない。

そこでフランス法に詳しく、フランス共和国大統領から
国家功労賞を授与されている金塚彩乃弁護士
ゲストに迎え、倉持麟太郎氏と一緒にプレゼンしてもらう
ことになった。

インフルエンザの感染予防のため、万全の対策をとって、
今回は少人数の門下生のみの参加で開催する。
ライブビューイングは全国各地で行われるらしい。
当日は「ゴー宣道場」Tシャツなどのグッズ販売も行う
ので、楽しい気分で議論して、免疫力を高めよう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして7月12日(日曜)の「ゴー宣道場」では、
『コロナの正体』と題して、木村もりよ氏をゲスト
として招待する。
会場にやって来てくれるそうだ。
7月になれば、新型コロナについて、もっと多くのことが
分かっているだろうから、会場でぜひ話を伺いたい。

自粛して経済崩壊させても屁とも思わない原理主義的な
専門家は信用しないが、木村氏は経済とのバランスを
取る「総合知」も持っている。

7月は一般からの参加募集もする。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ