ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.6.9 21:13小林よしのりライジング

正しいコロナ報道は、本当にここだけ!ライジング360配信!

捏造・歪曲だらけのマスコミコロナ論と戦う!
小林よしのりライジングVol.360
配信です!!

今週号のタイトルは
「構造改革派・田坂広志の“珍アフター・コロナ論”」

 

 

毎日毎日「コロナ恐怖煽り」と「PCR真理教」の布教を
3か月にもわたって続けているテレビ朝日
「羽鳥慎一モーニングショー」。
6月4日の放送では、元内閣参与で多摩大学名誉教授の
田坂広志が登場し、「アフター・コロナ」の時代には
新たなライフスタイルに行動変容する必要があるとして、
これが「ニュー・ノーマル」、新しい常識だという
「提言」をしていた。

ところがその提言、ちょっと聞いても疑問の嵐、
よーく聞いても理解不能、頭に渦巻く「?」の群れ!

当たり前の常識を持っていれば、すぐに見抜ける絵空事。
田坂という学者は、社会の現実というものを全く知らずに
机上の空論を語っているだけだった!
ところがその空論が20年前には政府にまで影響を与え、
現在まで禍根を残しているのである…!

 

泉美木蘭のトンデモ見聞録
 「“スウェーデン失敗”というねつ造報道」

スウェーデンは新型コロナ対策では世界で唯一、
ロックダウンのような強硬な抑圧策を採らず、
規制を緩やかにして経済を回す「緩和策」を採用している。

ところが、そのスウェーデンの政策立案の
責任者であるテグネル博士が、
「失敗」を認めたかのようなニュースが
日本のメディアで一斉に報道された。

ところが、その報道の元ネタとなっている
スウェーデンの地元メディアの記事を読むと、
テグネル博士が言っていることは全く違った!

日本の全メディアが明らかな捏造、「意図的誤報」をして、
未だどこも訂正をしていない!!

ライジング独占の真実報道!

もはや、日本語しかできないのは危ない。
英文記事が読めなければ、平気で流される
日本のデマ記事が見抜けない!

 


 

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…6月4日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」では、元内閣参与で多摩大学名誉教授の田坂広志がリモート出演し、コロナ後の社会はどうあるべきかという「提言」をしていた。田坂は、今回のように自粛で経済を止め、その補償を国がするようなやり方が続くわけはないから、「持続可能な新たな社会のあり方」を目指さなければならないと言う。しかし、その提言というのが、社会の現実をまったくわかっていない学者の机上の空論、有害でしかないものなのだ!

※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」
…6月3日、時事通信から「スウェーデン、対応を反省 新型コロナで独自路線」というニュースが流れた。スウェーデンは、都市封鎖や休業要請、休校措置は行わず、国民の自主的な衛生管理に任せるという緩和政策をとってきたが、その立案を行った公衆衛生局責任者で疫学者のアンデシュ・テグネル博士が、地元ラジオのインタビューに応じ、「われわれの取った行動には明らかに改善すべき点がある」と述べ、“反省の念”を示したという。しかしこれは、トンデモな捏造報道である!!

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
自分と同年代あるいは年上の人物が死ぬと自分の死を意識したりする?
やっぱりスマホって必要なの?
身近な人がコロナ脳になっている場合、どう説得すれば良い?
SNSでstayhomeを主張していた人たちが、今度は黒人差別撤廃デモについて発信をしていることをどう思う?
日本が自ら単独で拉致問題を解決する手段はないの?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第376回
「構造改革派 田坂広志」

2. しゃべらせてクリ!・第317回
「密集密談! いま一番のタブー破りぶぁい!の巻〈後編〉」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第170回
「“スウェーデン失敗”というねつ造報道」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ