ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.6.11 06:00皇統問題

女系継承容認・女性天皇否認?

東京新聞の記者から「代替わり考 皇位の安定継承」シリーズ
7回分のコピーを送って戴いた。

登場したのは、1回目から順に、小田部雄次氏、百地章氏、
河西秀哉氏、所功氏、不肖高森、八幡和郎氏、君塚直隆氏という
メンバー。
このテーマならば当然の人選だろう(私はともかく)。

これらの方々のうち、八幡氏だけは、
これまでお会いしたことがない。
インタビューの中で、こんなことをおっしゃっている。

「上皇さまは85歳で退位したが、悠仁親王がその年齢を
迎えるのは2091年。
われわれが議論するのは、そのときに男性継承者が不在なら、
どうするかという問題だ」

「女性皇族が一般男性に嫁いで男子が誕生したら、
天皇の外孫にあたるその男子を皇位継承の有資格者として
皇室に迎え入れてはどうか。
もっとも、その場合は『女系』男子の皇位継承資格を
容認することにはなる」

「この際、女性皇族の結婚相手が、旧宮家や戦前に臣籍降下した
旧男系子孫であれば、生まれてくる子も父方の血筋が天皇に
つながる男系子孫となる。
こうした形で男系が維持される可能性もあるため、女性皇族と旧皇族の
子孫が集まる出会いの場を設けることも一案だろう」

「公務の担い手不足には、結婚で皇室を離れた元女性皇族や
旧宮家の人々を宮内庁嘱託という形にして、公務の一部を担ってもらう
ことを提案したい」

改めてコメントする迄もあるまい。
何より、余りの危機意識の無さに驚く。
又、“女系”継承を容認しながら、“女性”天皇は断固として
拒絶する姿勢が、理解できない。

しかも、皇室と国民の区別、皇室の「聖域」性への配慮がまるで
欠落している。
更に、内親王・女王方のご結婚相手や婚活(?)にまで
口を挟む非礼ぶりには、同じ国民としてこちらの身が縮む思いがする。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ