ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.6.19 15:08日々の出来事

羽鳥コロナショーは、永遠に恐怖を煽れ!

明日・土曜午後8時から「おどれら正気か?」を生放送
する。

昨日の「羽鳥コロナショー」では、晴恵・玉川が、あまりの
経済的打撃や、文化的損失に、今頃気付いて、「自分
だって心が痛むんだ」と被害者ぶり始めた。

今朝は長嶋一茂に「一体いつまで(コロナを)続けるん
ですか?」と突っ込まれ、羽鳥が「話し合います」と言って
いた。
おいおい、ずっと毎日、続けろよ。

コロナの恐怖煽りで、面白がり過ぎて、のぼせ上がり過ぎて、
ふとみると惨憺たる状況にようやく気付いたか?
「SPA!」の『ゴーマニズム宣言』を読んだのかもしれない。
わしがこれから本気で潰しに行くという情念を感じたか?

だがもう今さら逃げても遅い。毎日、続けろ!
夏にも第二波が来るんだろ?

今後、毎週、「SPA!」で叩きまくるし、『コロナ論』が発売され
れば、未来永劫、発狂モーニングショーの罪悪は残っていく。

東京の抗体保有率0・1%が発表されたら、大衆はやっと
新コロは流行っていなかったと気づくと思ったが、全然ダメだ。
恐怖が脳髄に浸透して、「コロナ脳」はまったく解けない。
晴恵・玉川のせいだ。
もっともっと、この二人を叩きまくらねばならない。

もし万一、第二波が第一波より強力なコロナに変容してた
としても、もう東京都の財源は間もなくゼロになる!
第二波で自粛をする余力はもうないのだ!
これは大変なことになってしまった!!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ