ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.7.6 11:15経済

玉川徹がついに「抗体検査」を否定した

今朝の羽鳥コロナショー、まだ岡田玉川が「恐怖」を
煽っている。
あくまでも「感染者数」を見える化して恐怖を煽りたい
という一心で、PCR検査を増やしたいらしい。

何度も言ってるが、感染者数がインフルエンザと同じ
1千万人になっても構わないんだよ。
死者数がインフルエンザより少なければ!
インフルエンザは3000人から1万人の死者が出るが、
新コロは1000人弱。
これは揺るがない真実であって、玉川徹が絶対に隠し
続ける不都合な真実である!

東京都で一番感染者数が多いのは世田谷区であって、
新宿ではない。
新宿ホストはスケープゴートにされているに過ぎない。
隔離されてるのなら、補償を要求すべきである。
無症状の若者を入院・隔離するのは、法的に問題がある。
「加害者ではない国民の隔離」だから、基本的人権の
侵害である。

今の感染者数が2週間前の数字で、第二波が来てるの
なら、2週間後は指数関数的に伸びて、100人、200人、
400人、800人、1600人と増えた結果が出ているはずだ。
2週間後を待とう。

そして、第二波かどうかは、日曜の「ゴー宣道場」で、
木村もりよさんに意見を伺おう。
もしリバウンドしたのなら、「抑圧策」の効果はあったことになる。

実行再生産数が1・62なら普通じゃないか。
2・0を超したら子だくさんだけど、それ以下なら少子化になる。
コロナ君を絶滅させる気か?

玉川はとうとう「抗体検査から有益な情報が得られ

ない」断言した。
隣りの山口真由もこれには違和感を持ったようだが、
それが正しい反応だ。
抗体検査陽性0・1が少なすぎて、都合が悪いから
抗体検査そのものを全否定したいのだろう。
これはもはや「科学」ではない。

抗体検査0・1の意味については、明日発売の「SPA!」
『ゴー宣』で描いているが、抗体が消えたのは、感染が
成立しなかったわけで、その前に自然免疫や交差免疫・
キラーT細胞などで、新コロが邪魔されたからだ。
獲得免疫が必要ないほど、自然免疫や交差免疫が強靭
だったということだ。
玉川は「ファクターX」も否定したいらしい。
「日本人やアジア人は重症化しない」という事実すら認め
たくないのだから、もはや「科学」の欠片もなく、単なる
「コロナ恐怖教」のカルト信者に成り果てただけだな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ