ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.7.10 10:15日々の出来事

コロナ・デジャヴの感覚

緊急事態宣言の解除時点の累計感染者数は5000人
くらいだ。
もしPCR検査を今の件数(当時の3倍)やっていたら、
解除時点の累計感染者数は3倍の15000人あたりだった
ことになる。
東京の抗体検査の結果は陽性率0.1%で、人数にしたら
14000人だったから、計算の辻褄は合っていて、1000人
の抗体は消失したのだろう。

抗体が消えるということは、本来必要なかったということに
なる。
実際にはコロナはもっと多くの人間を襲撃してただろうが、
感染が成立しなかった。
つまり、自然免疫か交差免疫でコロナは撃退されてしまっ
たのだ。
抗体検査の結果から分かることはそういうことである。
抗体検査の結果14000人は揺るがない。それが結果だ。

現在の東京の累計感染者数は7272人。
緊急事態宣言の解除時点より2000人増えた。
PCR検査を徐々に増やして2000人増である。
もし第二波が来たとして、第一波と同レベルになるなら、
感染者はあと12000人増えることになる。

毎日200人増え続けたとして、第一波と同じ感染者数に
なるには、60日かかる。
もちろん第二波なら指数関数的な急カーブを描くはず
だから、200人が400人、800人、1600人、3200人、
6400人、12800人、と増えていけば、あと1週間で
ピークに達することになる。
PCR検査では市中感染は追いきれないから、数字に
現れるのは、2週間後にピークアウトかもしれない。

そこから下り坂に入って行って、落ち切った時に再び
抗体検査をやってみればいい。
第一波でかなりの人数が自然免疫ではじかれてる上に、
抗体を持った者は14000人いるのだから、抗体反応は
0. 1%以下、10000人かそれ以下かもしれない。
そのとき、玉川・岡田は再び叫ばなければならない。
「まだ流行ってなかった!」
あくまでも今が第二波の入り口だったらの話だ。

スペイン風邪は第二波の方が感染者数が少ないのに、
死亡者が多い。
つまりスペイン風邪のウィルスは完全に変容している。
それは国内から来たものではないだろう。
海外から来たものだからだろう。

コロナウィルスは今の鎖国状態では、国内だけだから、
第二波があっても14000人以上の感染力を発揮する
こともなく、基本的に弱毒性になる。

わしはマッチョイムズで「コロナは恐くない」と言っている
のではない。
科学的思考の結果として、恐くないと言っているのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ