ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.7.12 12:00新刊情報

コロナ禍の不幸を止めろ!ゴー宣『コロナ論』来月発売!

東京新聞7月9日夕刊に載っていた、
TBSラジオでよく聞くキャスターの
小森谷徹氏のコラムを読んで、
いたたまれない気持ちになりました。

小森谷氏は新型コロナ騒動が起きて以来、
もしも自分がウイルスを運んでしまったら
後悔してもしきれないと、田舎の実家に住む
両親を訪ねないようにしていたそうです。

ところが小森谷氏の実家は歩いていけるところに
買い物のできる場所がなく、
母親は昨年車の運転をやめていたので、
宅配の食材だけで老人二人が外界から
閉ざされて過ごしていたそうです。

そのうち、友だちと月に一度も会えない
母親は日に日に言葉が出なくなり、
父親は三回転び、言葉がおぼつかなくなり、
入院して調べたら、知らないうちに難病が
進行していて、転倒はそれが原因で、
脳内出血も起こし、すぐに歩行も
困難になったといいます。

そして小森谷氏は、こう締めくくるのです。

「いままで通り、ちゃんと毎月、帰ってあげればよかった。
顔を合わせれば、病気に気づいてあげられたかもしれない。
転倒する前に治療ができた可能性もあります。
でも、このコロナ禍で私は帰ることができたのでしょうか」

新コロがインフルエンザ以下だとさえ
わかっていれば、帰れたのに…

おそらく、このようなことは全国で
数限りなく起きているのだろうと思います。

一刻も早く日本人のコロナ脳を解除
しなければ、不幸は広がるばかり。

『コロナ論』原稿完成、来月発売!!

 

その前哨戦!
ゴーマニズム宣言2nd season第4巻
発売中!

巻頭特別企画
「緊急警告! 
新型コロナ・パニックに踊らされるな!!」
現在連載中の「コロナ論」序論
『コロナとグローバリズム』
掲載!!

第59宣言 たった16年で親米ポチが豹変
第60宣言 レイプの責任は女には一切ない
第61宣言 なぜ掲載不可なのか?
第62宣言 今の価値観を過去に適用する愚
第63宣言 韓国併合前の朝鮮の状況
第64宣言 イザベラ・バードの朝鮮紀行
第65宣言 ケネス・ルオフ氏と日米対談
第66宣言 レイプ被害者の心理もわからぬ劣化保守
第67宣言 嫌韓ヘイトではない韓国論
第68宣言 雅子皇后への眼差しの変化
第69宣言 令和元年の総括
第70宣言 卑弥呼こそ天照大神である
第71宣言 伊藤詩織氏、勝訴!
第72宣言 慰安婦、歴史ねつ造を許すな
第73宣言 慰安婦、儒教の国の女
第74宣言 玉川徹は反日ではないか?
第75宣言 慰安婦と反日種族主義
第76宣言 「韓国は嘘つきの国」はヘイトか?
第77宣言 伊藤詩織セカンドレイプの醜悪
第78宣言 皇統の男系固執、終了!
第79宣言 中村哲とアフガニスタン・ペーパーズ
第80宣言 コロナとグローバリズム

中村哲氏との巻末「追悼特別再録」対談
アフガンの真実対談
メディアのアフガン報道は嘘とインチキだらけ

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ