ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.7.14 14:04日々の出来事

舞台クラスターは悪ではない!

舞台クラスターが出たということで、主催者がバッシング
されている。
これではもう劇団は公演ができなくなる。

そもそも潤沢な資金がないと、感染対策を徹底的には
やれないし、その上、客も半分くらいしか入れられない
のだから、赤字にしかならない。

「ゴー宣道場」とて他人事ではない。
感染者を出すことは「悪」になってしまっている。
これではもう「集会」そのものが困難になる。

つまり憲法で保障された「集会の自由」が危うくなるのだ。
「集会の自由」は民主主義の根幹である。

感染者を出したら「悪」、感染者は「悪」とされれば、
人が集うこと自体が危険視されるので、中国と同じ環境に
なってしまうが、そういうことは民度の低い日本人には
分からないだろう。

集会に参加したら、インフルエンザをうつされたという
ことがあったら、うつした奴は道徳的に非難されることが
あるかもしれないが、スキャンダルのように騒がれ、他人に
叩かれることはない。
主宰者がバッシングされることはないし、うつされた人まで、
非難され、謝罪に追い込まれるようなことはない。
それが新コロだと「悪」にされるのだから異常だ。

狂った状況が加速するばかりで、コロナ脳が解除される
気配がない。
「ゴー宣道場」は絶対にこの全体主義と用心深く戦わねば
ならない!用心深く戦うのだぞ!
すべてが終わったとき、価値の反転が起こる。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ