ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.7.21 15:17日々の出来事

無法の世の中で何が起こっているのか?

倉持氏のブログに大いに共感し、勉強になった。
わしもそうだが、師範たちも、門下生も、このコロナ禍の
デタラメなマスコミの主張や、権力の動きに疑問ばっかり、
理不尽な感覚に襲われてばっかりで、急速に法治主義
にリアルに関心を持ち始めている。

倉持氏よ、今がチャンスだと思う。
憲法の緊急事態条項についても、「ゴー宣道場」で
議論したいし、金塚さんもまた呼びたい。

子供の1年は大人の3年分くらいの長さがある。
子供にとっては、もう苦しくて辛くてストレスばっかりの
日々なんじゃないか?

虐待する親と、家に閉じこもってしまっている子供に
とっては永遠の地獄に感じるだろう。
コロナ禍が終わったら、虐待で殺された子供の遺骸も
見つかったりするんじゃないか?

大人たちは恐ろしいことをしている。
コロナ禍で隠蔽されている社会の真の惨状が見えて
きた時は、羽鳥コロナショーの出演者やスタッフを
糾弾して、責任とらせなければならないと思うぞ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ