ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.7.30 06:00政治

新型コロナ、民主主義VS共産主義

台湾での新型コロナウイルス対策成功の実態を紹介された藤重太氏は、
その事実が国際政治力学の面でも重要な意味を持ったことを、指摘されている。
傾聴すべき発言だ。

「感染の発生源であった中国は、いつの間にか感染を克服したと吹聴し、
世界を救うヒーロー、世界の新しいリーダーになろうと躍起になっている。
これに対して『国家ですらない台湾』の活躍は、自由主義世界の最後の砦
(とりで)になっていたと言える。

『世界保険機構(WHO)や国連にも加盟できない台湾』
『中国から敵視されている台湾』が民主主義陣営の一員として、
法治国家として、この感染症の国家混乱の危機を乗り越えたのである。
武漢から発生した新型コロナウイルスは、実はアメリカをはじめ
民主主義連盟と共産中国の戦いだったのかもしれない」

「仮に台湾が感染拡大で収拾困難な状態になっていたら、
それこそ『緊急事態には、共産国家でないと国民を守れない。
共産主義は正義だ』などとプロパガンダに利用されたに違いない。
実際、ベトナム、ラオス、キューバなど国家として強権が発動できる
共産主義国が感染を抑えている。

英米をはじめとする自由経済を掲げる民主主義国家が軒並み
新型コロナウイルスの犠牲になり…中国がいつの間にか、
感染の鎮圧や世界への貢献を標榜し世界のヒーローの座に就こうと
していたのだ。

…その中国の野望に一矢を報いた台湾こそ民主主義陣営の
希望の星なのだといっても、言いすぎではあるまい」
(『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』)

これは、ややもすれば見逃されかねないが、大切な視点ではあるまいか。

【その他ブログ記事はこちらからご覧ください】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ