ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.8.7 10:07日々の出来事

若者よ、恐れるな!動け!

恐怖の煽り番組「羽鳥コロナショー」が今日も怖いぞ怖いぞ、
全国に感染者が広まってるぞと脅している。

だがもう新コロも「家族感染」が一番多いとなった時点で、
最終段階に入ったとわしは見ている。
まさか自粛警察が各家庭に「3密やめろ」と貼り紙するわけ
にもいかず、都の職員が警察を伴って、各家庭に立ち入り
検査するわけにもいかない。
家族がリビングで集って食事することを自粛しろと要請する
わけにもいかないし、さすがに権力が私的空間を規制する
ことは出来ないだろう。

安倍首相の会見や政府の態度と、都道府県知事の態度の
どちらが正しいかと言えば、間違いなく政府である。

「自粛、自粛、自粛」と言ってる都知事や府知事の政策は
間違っているし、「独自の緊急事態宣言」なんて言ってる
愛知県知事に至ってはイカレテルとしか言えない。

青森県知事が帰省を歓迎してるようだが、凄いじゃないか。

帰省は集団免疫の獲得を速め、終結に向かうチャンスなの
だが、それを妨害し、だらだらとコロナ禍を長引かせる愚策
を都道府県知事が採っている。
政府は馬鹿マスコミの批判にじっと耐えて、緩和策に舵を
切ったのだから正しい。

しかも新コロウイルスは明らかに弱体化して人間と共生する
ための変容を遂げている。

PCR隔離なんか必要ない。
若者こそが活動しろ!移動しまくれ!若者が動くしかない!
長生きしたい高齢者は、自己療養で、若者を避けるべしだ。
若者は無頓着に外出して、飲食店を助けろ!
自然免疫+獲得免疫=集団免疫が間もなく完成に近づいて
いるぞ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ