ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.8.9 07:17日々の出来事

青森県知事は立派だ

全国知事会のウェブ会議で、お盆の帰省自粛を求める
知事ばかりの中、青森県の三村申吾知事は「適切な
感染防止策をして帰省する方々に対しての根拠のない
偏見や差別が危惧される」と発言したそうだ。
帰省を受け入れる、一律の自粛は求めないと。

素晴らしい知事だ。こういう知事もいるんだな。
知事ってものは、今こそ強権発動で目立ってやろうと
考える権威主義的な奴らばかりだと思っていたが、
評価すべき知事がいる。

こうして知事の人間としての器を発見できるのだから、
わしは政府が全国一律にお触れを出すべきという
意見には与しない。

権力を持つ者が、ここぞとばかりにかりそめの「指導力」
を発揮して、自粛と分断を推進するのは、「一身独立して、
一国独立す」の精神を妨げるだけである。

コロナの件に関しては、安倍首相や政府が、国民に
あれこれ指示しないのは、むしろありがたい。
専門家の分科会の意見を、あくまでも参考意見に止めて、
政治家の総合知で判断するという姿勢が菅官房長官の
発言から感じられるが、これも良いことだ。

台湾のような権威主義を日本は参考にしろという意見が
あるが、わしは違うと思う。
台湾には台湾の事情があり、日本は意図せざる良き結果
となっているのだから、必ずしも日本政府を批判する必要
はない。

問題は、現在がほとんど法治国家の体を成していない
ことなのだが、だからと言って権力強化の世界の流れに
乗って行くことが良いことなのかどうか、そこは9月の
「ゴー宣道場」で話し合われることになろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ