ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.8.18 06:00政治

香港民主化への連帯

香港市民に手を差し伸べようとする、日本の「対中政策に関する国会議員連盟」。
その動きを、産経新聞(8月13日付)が報じていた。
「香港民主化運動『雨傘運動』のリーダーだった周庭(アグネス・チョウ)氏らが
香港国家安全維持法(国安法)違反で逮捕されたことを受け、
香港市民の保護を目指す超党派の『対中政策に関する議員連盟』は12日、
国会内で緊急会合を開き、中国や香港政府による国安法に基づく捜査共助の要請
などを拒否するよう政府に求める声明をまとめ、首相官邸に提出した。

…議連の共同代表を務める山尾志桜里衆院議員は
『断固として国際社会は非難を続けないといけない。
アジアで中国に毅然(きぜん)とモノを言える国は多くなく、
日本がモノを言っていくことは極めて大事だ』と強調した」

中国の顔色を窺(うかが)って、ずっと靖国神社への参拝を控え続けている
安倍首相は、今も同国の習近平主席を国賓として迎えるつもりなのか。
周さんが保釈されて、「拘束されていた間、ずっと(日本のアイドルグループ
“欅坂46”の楽曲〔がっきょく〕)『不協和音』という日本語の歌の歌詞が
頭に浮かんでいた」と語っていたのが印象的だった。

「まわりの誰もが頷(うなず)いたとしても
僕はyesと言わない
絶対 沈黙しない
最後の最後まで抵抗し続ける

支配したいなら
僕を倒してから行けよ!」
(不協和音より)

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ