ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.8.18 20:24小林よしのりライジング

日本正常化へ『コロナ論』発売!ライジング368配信!!

コロナ・インフォデミック撲滅週間!
小林よしのりライジングVol.368
配信です!

今週号のタイトルは
『コロナ論』発売!



 

『ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論』(扶桑社)
ついに明後日・20日発売!!

新型コロナウイルス感染症そのものの被害よりも、
マスメディアが作り出したデマ恐怖による被害
の方が遥かに甚大なものになってしまうことが
確実なコロナ禍騒動。
この騒動を一刻も早く鎮めるべく、
全力で、全速力で制作された
「緊急出版」である!

今回は、この本を制作する際に意図したことや、
やや裏話的な制作事情なども含め、
『コロナ論』という本の成り立ちについての
情報の数々を、発売直前のいま明かす!!

「経済か命か?」なんて幼稚な問いはもうやめろ!
『コロナ論』の一番の主眼は「経済」だ!
それとともに、このコロナ禍があぶりだした、
日本人の問題点なども全て網羅した、
時代の記録、それが『コロナ論』である。

そして、時代と戦い、時代を変えて、
日本を救うための最後の手段、
それが『コロナ論』である!
さあ、今日のライジングを読んで、
明後日に備えよう!!

 

 

泉美木蘭のトンデモ見聞録
「検査で感染を封じ込めたという
科学的根拠はありません」

コロナ恐怖デマ煽り番組であるとともに
「PCR真理教」カルト番組である
「羽鳥慎一モーニングショー」がいつも言う、
「PCR検査で感染を封じ込めろ!」の教義は、
あちこちに感染中。

8月14日は日経新聞がその趣旨の記事を載せ、
さらにその記事を持ち上げて検査拡大に
意欲を燃やしているのが世田谷区長の保坂展人だ。

だが、信仰ではなく、あくまでも
データと科学的根拠から言おう。
検査で感染を封じ込めたという実例も、
科学的根拠もない!
全ては壮大な無駄遣いに終わる!!

 


 

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…いよいよ明後日20日、『ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論』(扶桑社)が発売される。何とかして、コロナ禍の「狂った公」を治療したいと思う一念で制作した本である。『コロナ論』の一番の主眼は「経済」である。さらに人間の実存という哲学、法治国家、グローバリズム、死生観…それら全て網羅したものを、まず記録として描いた。常に3、4か月後を予測しながら描いた『コロナ論』
…果たして現状はどうなっているか?

※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」
…8月14日(金)の日本経済新聞に「無症状検査で感染抑制 英、経済再開でも陽性率低下」という記事があった。内容は、イギリスが検査対象を広げ、無症状の感染者を発見したことで、感染拡大を抑制したというものだ。この記事を持ち上げて、無症状者への検査拡大に情熱を燃やす人物がいる。東京都世田谷区の保坂展人区長だ。しかし、検査で感染を封じ込めたという科学的根拠はないのだ!「国民全員検査」を行ったルクセンブルクの現実を見よ!

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
自分がもしコロナ陽性者になったらどうする?
億万長者になったら実現したいことは何?
MMTについてどう思う?
専門家の偽情報に、一般庶民が騙されないようにするにはどうすべき?
なぜ今回のコロナに限ってインフォデミックが起きた?
4コマ漫画は難しい?
余命を宣告されたらどう過ごす?
先生にとって「仕事(漫画制作)」とは?
クラスターフェスをどう見てる?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第385回
「『コロナ論』発売!」

2. しゃべらせてクリ!・第325回
「肺活量軍団出動!人工強風で突進ぶぁ~い!の巻〈後編〉」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第179回
「検査で感染を封じ込めたという科学的根拠はありません」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ