ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.8.19 15:24ゴー宣道場

「自由」は神から与えられた大切なもの! 9月ゴー宣道場参加応募受付中!

まだ先だと思っているうちに、
応募締切まであと2週間!
9月ゴー宣道場のお知らせです!

 

 

皆さん こんにちは!!関西設営隊のユディトです。クリスチャンです。

今年の2月ごろから始まった新型コロナ騒動。
この出来事は私たちに一つの宿題を与えました。それは私たちの社会は人権、そして個人の様々な自由をどう考えているのか?ということです。

新型コロナの感染者に対する罵詈雑言、差別、いじめ、排除、東京在住者への憎悪に繋がりかねない「東京由来の感染者」と言う言葉、一部メディアの「新型コロナ陽性者は隔離すべきという主張(のち「保護」と言い換えていますが「隔離」は私権制限を意味します)。
すべて人権の無視、人権の侵害へとつながっていくのではないでしょうか。

「移動の自粛」、「新しい生活様式」も個人の自由やプライバシーが大幅に制限されるという危険性があります。弱毒性ウイルスの新型コロナを過度に恐れるあまり「個人の移動の自由」、「商売をする自由」、「プライバシーを保持する自由」等を制限されてしまう。それでもかまわないのでしょうか?

私にはポーランド人の友人がいます。ベルリンの壁崩壊後、まもなく彼女は手紙に書いてきました。「物がないのは我慢ができる。けれど、自由がないこと。隣人同士を監視するという疑心暗鬼。それが一番嫌だった」と。
現代の日本にはありえない、大げさだと思われるかもしれません。でも個人の自由を制限する動きには注意深くありたいと思います。

クリスチャンである私にとって「自由」は神から与えられた大切なものです。
その「自由」を制限されるのは首を絞められるようなものです。

けれど「ゴー宣道場」があります。 『公』のために議論し共に考える知的な言論空間です。年代もさまざま、シニアから子どもまで議論に参加し楽しめる言論空間!
私たちはデモではなく『公』の議論を選びます。

今回のゲストは国民民主党代表玉木雄一郎議員と、国民民主党山尾志桜里議員です。国民民主党を分党するという選択をされた玉木代表。立憲民主党から国民民主党へ入党された山尾議員。
なんとタイムリーなゲスト!

テーマは、「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

皆さんもぜひ参加して議論を、考えることを楽しんでください!
ご応募お待ちしております!!

 

【第91回ゴー宣道場】
■テーマ:「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」 
  ゲスト 玉木雄一郎議員 山尾志桜里議員
■日時:令和2年9月13日(日)14時から
■場所:東京都内 ※当選した方にお送りするメールにて会場を明記します
■参加費:1000円(小学生以下は無料)
応募締切:9月2日(水)
■お申し込みはこちらから↓
https://www.gosen-dojo.com/application/

 


 

自由の大切さを知らない日本人たちよ!
『コロナ論』第15章「自由よりお上に従う日本人」を読んで、
ゴー宣道場でさらに考えを深めよう!
参加申し込み受付中!

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ