ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.8.22 06:00その他ニュース

コレラ禍のパリにて

著名な「愛と革命」の詩人、ハインリヒ・ハイネ。
1832年にコレラが突然フランスで流行して、毒物混入の流言蜚語(ひご)を
警察当局が認めるような公示を出し、これに激昂(げきこう、げっこう)
した民衆が、“怪しげ”な人間を次々に虐殺して回った事件を、
パリの現地から報告していた。

「ヴォラジール通りでは、白い散薬を持っていたため2人が殺された。
私が見たとき、災難にあった2人のうち1人はまだ喉(のど)を
ごろごろ言わせていた。
だがちょうどそこへ老婆たちがやってきて、木靴を脱ぎ、それで瀕死(ひんし)
の男の頭を殴りつづけ、ついに息を引きとらせてしまった。
男は丸裸であった。

残虐この上なく殴りつぶされ、踏みくだかれていた。
衣服はおろか、毛髪、陰部、唇、鼻まで引きちぎられていた。
そして1人の乱暴者が紐(ひも)を死体の足に結(ゆ)え、
通りを引きずり歩いた、『これがコレラだ』と絶えず叫びながら。
胸をはだけ、手を血まみれにした素晴らしく美しい、怒りで蒼白(そうはく)
になった1人の女性が立っていた。

女は死体が近づいてくると、なおも足蹴(あしげ)りを1回くらわせた」
(「フランスの状態」『ハイネ散文作品集』第1巻)

近来、国内の新型コロナ恐怖症が生み出した「自粛警察」「マスク警察」
などの動きの奥底にも、パリの惨劇の際の、正義の仮面を被(かぶ)った、
恐怖と憎悪と狂気に通じる激情の“芽生え”を、仄(ほの)かに
予感させるものがある。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ